名桜大学 入試情報サイト

大学院 学生募集要項(博士後期課程・修士課程)入試情報

博士後期課程

募集人員・試験会場

研究科種別募集人員試験会場
国際文化研究科
(国際地域文化専攻)
一般選抜
社会人特別選抜
外国人留学生特別選抜
2人 本学

日程

研究科種別願書受付期間
(消印有効)
試験日合格発表入学手続期間
(17:00必着)
国際文化研究科
(国際地域文化専攻)
10月試験 令和元年9月18日(水)
~9月25日(水)
(消印有効)
令和元年10月5日(土) 令和元年10月25日(金) 令和元年10月28日(月)
~11月8日(金)
(必着)
国際文化研究科
(国際地域文化専攻)
2月試験 令和2年1月14日(火)
~1月21日(火)
(消印有効)
令和2年2月8日(土) 令和2年2月28日(金) 令和2年3月2日(月)
~3月13日(金)
 (必着)

※10月試験で定員に満たない場合には、2月試験を実施します。実施については、12月初旬に名桜大学ホームページで案内します。

選考概要

試験科目・配点 一般選抜
  • 書面審査(修士論文等)
  • 筆記試験(外国語1科目)
    英語又は選択する地域の言語(ポルトガル語、スペイン語、中国語、琉球語など)から1科目を選択
    ※大学側で用意する語学辞書の使用可
  • 口述試験
社会人特別選抜
  • 書面審査(修士論文等)
  • 筆記試験(小論文、外国語1科目)
    外国語試験は、原則として選択する地域の言語(英語、ポルトガル語、スペイン語、中国語、琉球語など)から1科目を選択
    ※大学側で用意する語学辞書の使用可
  • 口述試験
外国人留学生特別選抜
※筆記試験と口述試験は日本語で行う
  • 書面審査(修士論文等及び日本語力調査書)
    原則として日本語能力試験N1程度
  • 筆記試験(小論文)
    ※大学側で用意する語学辞書の使用可
    ※日本語で行う
  • 口述試験
    ※日本語で行う
出願資格 一般選抜 次の各号のいずれかに該当する者
  1. 修士の学位又は専門職学位を有する者若しくは令和2(2020)年3月までに学位を授与される見込みの者(1年次修了者も含む)
  2. 外国において、修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者若しくは令和2(2020)年3月までに学位を授与される見込みの者
  3. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修し、修士の学位又は専門職単位に相当する学位を授与された者、若しくは令和2(2020)年3月までに学位を授与される見込みの者
  4. 我が国において、外国の大学院の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了し、修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者、若しくは令和2(2020)年3月までに授与される見込みの者
  5. 国際連合大学本部に関する国際連合と日本国との間の協定の実施に伴う特別措置法(昭和51年法律第72号)第1条第2項にも規定する1972年12月11日の国際連合総会決議に基づき設立された国際連合大学(以下「国際連合大学」という)の課程を修了し、修士の学位に相当する学位を授与された者又は令和2(2020)年3月までに授与される見込みの者
  6. 外国の学校、上記出願資格④の指定を受けた教育施設又は国際連合大学の教育課程を履修し、大学院設置基準(昭和49年文部省令第28号)第16条の2に規定する試験及び審査に相当するものに合格し、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認められた者
  7. 文部科学大臣の指定した者(平成元年文部省告示第118号)
    • 大学を卒業し、大学、研究所等において、2年以上研究に従事した者で、本研究科が当該研究の成果により、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者
    • 外国において、学校教育における16年の課程を修了した後、又は外国の学校が行う通信教育における授業科目を、我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した後、大学、研究所等において、 2年以上研究に従事した者で、本研究科が当該研究の成果等により、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者
  8. 本研究科において、個別の入学資格審査により、修士の学位又は専門職学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者で、24歳に達した者又は令和2(2020)年3月31日までに24歳に達する者
社会人特別選抜 一般選抜に示す条件のいずれかの資格を有する者で、本博士後期課程入学までに大学卒業後又は学士の学位取得後4年以上、又は大学院修了後若しくは修士の学位取得後2年以上の社会的経験を有する者とし、有職者に限らない。
外国人留学生特別選抜 一般選抜に示す条件のいずれかの資格を有する者で、日本国籍を有しない者

※出願資格⑥~⑧に該当する者は、出願資格の事前審査を行うので、出願に先立って必要書類を提出し、出願資格の認定を受けた後、出願する。

【10月試験】
・出願資格認定申請期間
 令和元年9月2日(月)~9月6日(金)(必着)
・出願資格認定結果
 令和元年9月13日(金)

【2月試験】
・出願資格認定申請期間
 令和2年1月6日(月)~1月10日(金)(必着)
・出願資格認定結果
 令和2年1月17日(金)

※希望する研究指導教員との出願前相談
 出願者は、出願前に、博士後期課程において研究指導を希望する教員と入学後の研究計画等について相談すること。出願前相談の申込は、電話により、入試・広報課で受付けます。その際、氏名、連絡先、希望する研究指導教員、相談希望日(第3希望まで)を申し出てください。
【10月試験】
 出願前相談期間:令和元年9月2日(月)~9月13日(金)
  ※相談日を大学から指定する場合があります。
【2月試験】
 出願前相談期間:令和元年12月18日(水)~令和2年1月7日(火)
  ※相談日を大学から指定する場合があります。

<相談申込先>名桜大学 教務部 入試・広報課 TEL:0980-51-1056

募集要項

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobeよりAdobe Readerをダウンロードしインストールしてご利用ください。
掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

修士課程

募集人員・試験会場

研究科種別募集人員試験会場
国際文化研究科
(国際文化システム専攻)
一般選抜
社会人特別選抜
外国人留学生特別選抜
若干人 本学
看護学研究科
(看護学専攻)
一般選抜
社会人特別選抜
6人

日程

研究科種別願書受付期間
(消印有効)
試験日合格発表入学手続期間
(17:00必着)
国際文化研究科
(国際文化システム専攻)
10月試験 令和元(2019)年9月18日(水)
~9月25日(水)
令和元(2019)年10月5日(土) 令和元(2019)年10月25日(金) 令和元(2019)年10月28日(月)
~11月8日(金)
2月試験 令和2(2020)年1月14日(火)
~1月21日(火)
令和2(2020)年2月8日(土) 令和2(2020)年2月28日(金) 令和2(2020)年3月2日(月)
~3月13日(金)
看護学研究科
(看護学専攻) *
10月試験 令和元(2019)年9月18日(水)
~9月25日(水)
令和元(2019)年10月5日(土) 令和元(2019)年10月25日(金) 令和元(2019)年10月28日(月)
~11月8日(金)
2月試験 令和2(2020)年1月14日(火)
~1月21日(火)
令和2(2020)年2月8日(土) 令和2(2020)年2月21日(金) 令和2(2020)年2月27日(木)
~3月6日(金)

* 看護学研究科2月試験は、10月試験で定員に満たない場合のみ実施します。

選考概要

試験科目・配点 国際文化研究科
(国際文化システム専攻)
  • 英語
  • 小論文
  • 面接(提出した研究計画書に基づく)
看護学研究科
(看護学専攻)
  • 英語(50点)
  • 共通科目(50点)
  • 専門科目(100点)
  • 面接(100点)
出願資格 国際文化研究科
(国際文化システム専攻)
一般選抜 次の各号のいずれかに該当する者
  1. 学校教育法第83条(昭和22年法律第26号)に定める大学を卒業した者
  2. 学校教育法第104条第4項の規定により、学士の学位を授与された者及び令和2(2020)年3月31日までに授与される見込みの者
  3. 外国において学校教育における16年の課程を修了した者及び令和2(2020)年3月までに修了見込みの者
  4. 文部科学大臣の指定した者
  5. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び令和2(2020)年3月修了見込みの者
  6. 我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育法における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者
  7. 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であること、その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が定める日以降に修了した者
  8. 学校教育法第102条第2項の規定により大学院に入学した者であって、当該者を、その後に入学させる大学院において大学院における教育を受けるにふさわしい学力があると認めた者
  9. 本研究科において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、令和2(2020)年3月31日までに22歳に達する者
  10. 大学に3年以上在学し、又は外国において学校教育における15年の課程を修了し、所定の単位を優れた成績をもって修得したものと本研究科が認める者
  11. 本研究科が、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者
※⑨、⑩又は⑪の資格で受験する場合には、受験のための出願手続を行う前に入学資格確認のための審査を経る必要があるので、あらかじめ指定の期日までに入試・広報課へ問い合わせること。
社会人特別選抜 次の各号のいずれかに該当する者
  1. 大学を卒業した者
  2. 学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された者
  3. 外国において学校教育における16年の課程を修了した者
  4. 文部科学大臣の指定した者
  5. 本研究科において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、22歳に達し、かつ最終学校卒業後2年以上経過している者

※社会人とは、入学時に大学卒業後又は学位取得後2年以上の社会経験を有する者とし、必ずしも有職者とは限らない。
※⑤の資格で受験する場合には、受験のための出願手続を行う前に、入学資格確認のための審査を経る必要があるので、あらかじめ指定の期日までに入試・広報課へ問い合わせること。

外国人留学生
特別選抜
日本の国籍を有しない者で次の①から④のいずれかに該当し、かつ⑤を満たす者で入学後、法令に定める留学生の在留資格を取得できる者とする。
  1. 外国において学校教育における16年の課程を修了した者又は令和2(2020)年3月までに修了見込みの者
  2. 日本国内の大学を卒業した者又は令和2(2020)年3月卒業見込みの者
  3. 日本国の文部科学大臣が指定した者
  4. 本研究科において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、令和2(2020)年3月31日までに22歳に達する者
  5. 修学に必要な日本語の能力を有する者
※④の資格で受験する場合には、受験のための出願手続を行う前に、入学資格確認のための審査を経る必要があるので、あらかじめ指定の期日までに入試・広報課へ問い合わせること。
看護学研究科
(看護学専攻)
一般選抜
社会人特別選抜
次の各号のいずれかに該当する者
  1. 看護系大学を卒業した者又は卒業見込みの者
  2. 看護系以外の大学を卒業し、看護師、保健師、助産師のいずれかの免許を有する者
  3. 看護系大学を卒業した者と同等以上の学力があると本研究科が認めた者
  4. 外国において学校教育における16年の課程を修了した者又は修了見込みの者
  5. 専修学校の専門課程で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者
  6. 文部科学大臣が指定した者(昭和28年文部省告示第5号)
※社会人選抜は出願資格の①~⑥のいずれかに該当し、看護職として実務経験が3年以上の者を対象とします。
募集要項

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobeよりAdobe Readerをダウンロードしインストールしてご利用ください。
掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

資料請求

大学院案内パンフレット、学生募集要項は送料・手数料無料にてお送りいたします。

Share!

入試情報

学群・学部/専攻科/大学院

イベント

キャンパスライフ

資料請求

キャリア・就職

ページトップへ