学群から学部へ 専攻から学科へ より明確な学び MEIO REBORN

NEW国際学部

世界地図でみるとアジアの中心点となる国際都市、
沖縄だからこそ学べる、本場のGlobal View。
そしてアジア屈指の国際的なリゾート地で、
本場の観光学を実体験で身につける。

Features of the Faculty

POINT 1
豊かな教養を育む

人文科学、社会科学、自然科学を幅広く横断的に学びながら、批判的、論理的に考え、知的倫理性を実践する力を育みます。

POINT 2
深い専門性を育む

多様化・複雑化・高度化する社会問題を解決するために、幅広い教養を土台に、早い段階から専門性を深化させる力を育みます。

POINT 3
フィールドで実践力を育む

協定校への留学やインターンシップを通して、国内外のキャンパスやホテル・観光関連組織等のフィールドで実践力を育みます。

国際学部国際文化学科2023年4月開設

世界に学ぶ。違いを楽しむ。同じに驚く。

アジアの中心地、沖縄で、環太平洋地域の文化を学び、
世界規模でも、国内でも活躍できる人材を育てます。

政治・経済・文化など様々な面で世界のあらゆる地域が結びつき、外国との関係なしには生活できないというのが、私たちの生きている時代です。本学科では自らが生活する沖縄・日本を探究しながら、アジア・中南米・欧米の歴史や言語・文化を学び、国際社会への理解を深めます。また、語学力を磨くとともに、日本文学・英語文学を通して「ことば」の奥深さを知り、日本語・英語の話者・教育者としての力を身につけます。そのような本学科での学びによって、多様な文化を理解し、諸言語を使いこなして日本・世界で活躍する人材を育成します。

POINT CHECK

01多様な学問分野で
世界にふれる

国際関係・文学・歴史学・言語学・文化人類学をはじめとする多様な学問を学ぶことができます。様々な切り口で自らの生きる地域や国際社会を見つめ、考える力を育みます。

02実習科目で国内外での
実践的な学びを

海外(英語圏・アジア・中南米)および国内で実習を行う科目を配置しています。座学で得た知識や語学力を現場で活用し、学びを深めます。

03取得できる
主な資格・免許

中学校・高等学校教諭一種免許(英語)*/日本語教育(日本語教師養成課程)修了証
ディスカッションやグループ学習を重視した授業で教育者としての使命感と実践力を高め、資格・免許の取得をめざします。
* 文部科学省へ申請中

04国内外の協定校で
交換留学

国内はもちろん、中南米・アジア・欧米の協定大学との交換留学ができます。講義で学んだ語学力をレベルアップさせるだけではなく、様々な国の学生とともに学び、多彩な文化にふれることで、人間力も磨くことができます。

EDUCATION FIELD

主な教育分野
  • 沖縄・日本研究
  • アジア地域研究
  • 中南米地域研究
  • 英語コミュニケーション
  • 国際学
  • 英語教員養成
  • 日本語教師養成

FUTURE

将来、活躍が期待されるフィールド
  • 在外公館職員
  • 中学校・高等学校教諭
  • 日本語教師
  • 公務員
  • 国内外の大学院への進学
  • ホテル
  • 航空会社
  • 国内外のNGO・NPO法人

国際学部国際観光産業学科2023年4月開設

本場のステージでホスピタリティ・マインドを身につける。

観光立県沖縄で、国際的な視野と専門性を有する
人材を育成します。

観光産業は、 歴史・文化をはじめ、自然や健康、交通・運輸、都市計画など、幅広い要素をもつ裾野の広い産業です。近年は、国際化や少子高齢化の進展、ライフスタイルの多様化などにより観光旅行が盛んになるとともに、地域振興の一環として観光振興が各地で取り組まれています。
このような中、有数の観光地に立地する特徴を生かし、国際観光産業学科では、観光政策、観光経営、観光文化・環境の3コースを設け、産官学連携のもと自然豊かな「やんばる」での教育・研究活動を通して、国際社会や地域の発展に貢献するリーダーや観光振興を通して社会の発展に寄与する人材の育成に努めます。

POINT CHECK

01多角的・多面的に
観光を学ぶ

観光は複雑な社会現象であることから、その理解のためには多角的・多面的にとらえることが重要です。名桜大学では、観光学をはじめ自然・文化・地理・経営等と幅広い分野の教授陣があなたの学びをサポートします。。

02産官学連携を通して
より実践的に学ぶ

観光が盛んな沖縄本島北部に立地することから、地域や企業等との連携を通して実践的な人材育成を図っています。この立地を生かしたフィールドワークはもちろんのこと、海外インターンシップやホテル実務等の科目を通して現場での実習のチャンスもあります。

03取得をめざす
主な資格・免許

観光実務士、総合旅行業務取扱管理者、国内旅行業務取扱管理者、旅程管理主任者、観光英語検定、地域通訳案内士、キャンプインストラクター、高等学校教諭一種免許(地理・歴史)*、高等学校教諭一種免許(商業)*
* 文部科学省へ申請中

04国内外の協定校への
交換留学

国内の大学をはじめ、各国の協定大学との交換留学も可能です。語学力の向上に加えて、国際感覚を養うことや講義で取り上げられた各地の観光を実際に体験することも可能です。

EDUCATION FIELD

主な教育分野
  • 観光政策・ビジネス研究
  • 環境・エコツーリズム研究
  • 観光文化ガイド研究
  • 社会制度
  • 企業経営

FUTURE

将来、活躍が期待されるフィールド
  • 航空業
  • 宿泊業
  • 交通・運輸業
  • 旅行業
  • 観光施設
  • 観光ガイド
  • 行政職
  • 観光関連団体
  • 環境調査
  • 流通業
  • 製造業
  • 金融業(銀行・証券)
  • 大学院進学など人

人間健康学部

いつ頃からだろう、沖縄が長寿の島でなくなったのは。
もう一度その頃に戻すには、何が必要なのだろうか、
スポーツや看護、最新の情報科学まで駆使した取り組みで
その答えを見つけよう。

Features of the Faculty

POINT 1
人間力の育成

地域のあらゆる人びとが健康に生きる喜びを感得し、健康に生きる価値をその人とともに創りだしていくことができるような能力(人間力)を育むための教育課程を準備しています。

POINT 2
自己教育力の育成

学生は周囲との対話を通して自己理解を深めながら、将来の自分についてデザインし、進路を選択、そして生涯にわたり成長しつづける力(自己教育力)を身につけます。

POINT 3
協働参画力の育成

クラス活動や部活動などキャンパスライフを通じて、コミットメント能力(自己を投入する力)を育て、仲間と協働するスピリットを身につけて社会に巣立っていきます。

人間健康学部健康情報学科2023年4月開設

笑顔を支えるのも情報学の役割です。

健康分野において新たな価値やサービスの創出に貢献できる
データサイエンティストの育成

日常生活のあらゆる場面で登場する情報システム。情報システムは私たちの生活を支えています。健康分野をはじめとして、あらゆる業種でネットワークやデータベース、デジタルコンテンツなどの知識・技術を持った人材が求められているのです。情報システムの仕組みを理解し、数理・データサイエンス・AIの手法を駆使して保健・医療・福祉などを含む健康分野と社会全般に関するデータを分析することで、新たな価値やサービスの創出に貢献できる人材(データサイエンティスト、例えば、電子カルテに蓄積されたビッグデータを解析できる技術を備えた診療情報管理士等)を育成します。

POINT CHECK

01健康と情報の基礎を
しっかり学習

保健・医療・福祉分野の総合的な理解に加え、数学、統計、情報、データサイエンスの基礎知識・技能をバランスよく学びます。

02基礎から発展、
さらに応用

将来の進路にあわせてヘルスデータ、データサイエンス、情報科学の3領域からなる専門発展科目を学びます。さらに、社会全般に関するデータ活用を学ぶ科目として専門応用科目を学びます。

03知識・スキルを
社会で実践

専門総合科目では、教室で学んだ知識・スキルを社会の場で実践し、課題発見・解決する力を身につけます。「健康情報演習Ⅰ・Ⅱ(PBL)」「病院実務I・II・III」などで実践力を養成します。

04沖縄県で唯一の
受験資格認定大学

診療情報管理士の認定試験に必要な全科目を履修できるのは沖縄県で唯一、本学のみ。高い情報処理能力を有し、幅広い教養と専門的知識を持つ人材を育成します。

FUTURE

将来、活躍が期待されるフィールド
  • IT関連企業
  • 金融機関
  • 流通業
  • 行政職
  • 総合病院
  • 医療施設
  • ヘルスケア関連企業
  • 診療情報管理士
  • 官公庁自治体
  • 高等学校教諭(情報)
  • 大学院進学

LICENSE

取得できる主な資格・免許
  • 高等学校教諭一種免許(情報)*
  • 診療情報管理士受験資格
  • 社会福祉主事任用資格

* 文部科学省へ申請中

ページトップへ