公立大学法人名桜大学

 

 

言語学習センター

 

 

 

 言語学習センター(LLC)は、平成13年(2001年)に「外国語学習者のサポート」とそのサポートをする「学生支援者(以下チューターと呼ぶ)の技術向上」の2つの目的を持って設立され、大きな目的は外国語学習者が自立した学習者になるための支援を行うところです。書籍や参考書はもちろん、DVD、CD-ROMやCDなどを活用して自主的に外国語学習を進められる環境を提供しています。さらに、学生チューターが1対1あるいはグループでの学習者の支援を行っています。学生同士で助け合える環境を設けることで、教師ではなく同じ学生の目線で共に学ぶ環境を目指しています。

 語学学習者の支援をするチューターは現役の学生がアルバイトとして担いますが、LLCでは、日本で初めて米国のCollege Reading and Learning Association(CRLA)が認定するInternational Tutor Training Program Certification(ITTPC)を取得している大学として、資格基準を満たしたチューターには 資格証明書を発行しています。このようにトレーニングを受けているチューターが実際に語学学習を現場で支援することで、彼ら自身の技術の向上と語学学習者の自立学習を促進しています。

 もう一つのユニークなことは、LLCチューターの約半分は留学生であるということです。彼らは母国語や独自の文化交流を通して学生に貢献することで、留学経験をより豊かにすることができています。同時にLLCを利用する多くの学生は、留学生とのチュータリングやワークショップの開催などにより実際に異文化に触れる機会を得ています。

 このユニークな空間で皆さんもぜひ語学を学び、新しい世界を広げてみませんか?

 

【場所】学生会館SAKURAUM4階

【利用時間】8:45~17:45(月~木)※8:45~16:30(金)

 

 

パンフレットを作成しました!!

 

平成27年4月より『学生会館SAKURAUM4階』へ移転しました

雰囲気は、こんな感じです


 

 


広報誌連載記事

言語学習センター