沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

環太平洋地域文化研究所研究

環太平洋地域文化研究所紹介

 環太平洋地域文化研究所は、前身である名桜大学総合研究所として設立されてから23年間にわたり、「沖縄県北部の地域社会へ研究成果を還元し、地域のシンクタンクとしての機能を果たすこと」を趣旨として活動してきました。業務は、所員の研究支援と研究成果の地域への還元に大別されます。研究支援活動としては、研究費および出版費の助成、科研費等の競争的外部資金獲得支援および研究倫理コンプライアンス研修、紀要の発行、研究成果の地域への還元活動としては、シンポジウムや名桜やんばるアカデミーの開催が挙げられます。
 組織体制としては、2018年度に、学際的な研究を促進すべく6部門(言語文化部門、経営情報部門、観光産業部門、社会政策部門、健康科学部門、看護科学部門)を廃止しました。それにより北部地区の自然環境を生かす研究、地域における教育・医療に関する研究、環太平洋地域に在住する沖縄県系ネットワークに関する研究等の推進を可能とする体制を構築しました。つづいて、2019年度からは総合研究所の名称を「環太平洋地域文化研究所」と新たにし、さらなる進化を目指すことになりました。今後はさらに、沖縄を中心に環太平を主体とした言語・文化、経営情報、観光産業および医療・健康分野において文系・理系を横断する学際的な研究を支援することが名称変更の趣旨となります。
 これまで研究所に賜りましたご支援に感謝申し上げますとともに、今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

所長 小嶋 洋輔
副所長 木村 安貴

特定研究

実績年度研究代表者共同研究者研究テーマ
令和3年度 高安 美智子(リベラルアーツ機構) 木村堅一(国際学群)、立津慶幸(リベラルアーツ機構) やんばるとSDGs「名桜大学の高大接続とピア・ラーニングプログラム」
令和2年度 大谷 健太郎(国際学群) 伊良皆啓(国際学群)、宮城敏郎(国際学群)、永田美和子(看護学科)、大城凌子(看護学科)、新城慈(看護学科) 相互作用としてのホスピタリティに着目した教育と地域貢献に関する基礎的研究
令和1年度 大谷 健太郎(国際学群) 伊良皆啓(国際学群)、宮城敏郎(国際学群)、永田美和子(看護学科)、大城凌子(看護学科)、新城慈(看護学科) 相互作用としてのホスピタリティに着目した教育と地域貢献に関する基礎的研究

学際的共同プロジェクト研究

実績年度研究代表者共同研究者研究課題
令和3年度 中里 収(国際学群) 三嶋博之(早稲田大学)、大川茂樹(千葉工業大学) ソーシャルメディアを利用するIoT機器とそのインタラクションに関する研究
令和3年度 田代 豊(国際学群) 野波寛(関西学院大学)、坂本剛(名古屋産業大学)、大友章司(甲南女子大学)、青木俊明(東北大学) 公共政策の決定場面における当事者優位化の派生経緯とその変容可能性:倫理学・社会心理学・ゲーム理論を用いた多角的検証
令和3年度 東恩納 玲代(スポーツ健康学科) 奥本正(スポーツ健康学科)、山本直史(愛媛大学)、吉武裕(共同研究員) 沖縄県男性の肥満改善を目指した身体活動(運動)の実践・継続に関わる要因
令和3年度 照屋 理(国際学群) 波照間永吉(大学院博士後期課程)、小番達(国際学群)、小嶋洋輔(国際学群)、屋良健一郎(国際学群) 琉球和文学の解釈・鑑賞研究のための基盤構築
令和3年度 新垣 裕治(国際学群) アリ・ファテヘルアリムF.(国際学群)、島康貴(地域連携機構)、ラビア・アブドゥル(マレーシア国民大学) 地域の遊休農地活用における情報共有システムの確立
令和2年度 長嶺絵里子(看護学科) 小西清美(看護学科)、大浦早智(看護学科)、下地幸子(看護学科)、神田奈津子(スポーツ健康学科)、高村寿子(自治医科大学) 思春期の輝く未来を支える性と生の健康教育プログラムの構築やんばる地域でつながる・育むピア活動
令和2年度 中里 収(国際学群) 三嶋博之(早稲田大学)、大川茂樹(千葉工業大学) ソーシャルメディアを利用するIoT機器とそのインタラクションに関する研究
令和2年度 田代 豊(国際学群) 野波寛(関西学院大学)、坂本剛(名古屋産業大学)、大友章司(甲南女子大学)、青木俊明(東北大学) 公共政策の決定場面における当事者優位化の派生経緯とその変容可能性:倫理学・社会心理学・ゲーム理論を用いた多角的検証
令和2年度 東恩納玲代(スポーツ健康学科) 奥本正(スポーツ健康学科)、山本直史(愛媛大学) 沖縄県男性の肥満改善を目指した身体活動(運動)の実践・継続に関わる要因
令和2年度 照屋 理(国際学群) 波照間永吉(国際文化研究科)、小番達(国際学群)、小嶋洋輔(国際学群)、屋良健一郎(国際学群) 琉球和文学の解釈・鑑賞研究のための基盤構築
令和2年度 アリ・ファテヘムアリムF(国際学群) 新垣裕治(国際学群)、島康貴(地域連携機構)、ラビア・アブドゥル(マレーシア国民大学) 地域の遊休農地活用における情報共有システムの確立
令和1年度 長嶺 絵里子(看護学科) 小西清美(看護学科)大浦早智(看護学科)下地幸子(看護学科)神田奈津子(スポーツ健康学科)高村寿子(自治医科大学) 思春期の輝く未来を支える性と生の健康教育プログラムの構築やんばる地域でつながる・育むピア活動
令和1年度 中里 収(国際学群) 三嶋博之(早稲田大学)大川茂樹(千葉工業大学) ソーシャルメディアを利用するIoT機器とそのインタラクションに関する研究
令和1年度 田代 豊(国際学群) 野波寛(関西学院大学)坂本剛(名古屋産業大学)大友章司(甲南女子大学)青木俊明(東北大学) 公共政策の決定場面における当事者優位化の派生経緯とその変容可能性:倫理学・社会心理学・ゲーム理論を用いた多角的検証

出版助成

著者発行年書名出版社
板山 勝樹 2022 戦後日本における反差別教育思想の源流 解放教育思想の形成過程 明石書店
嘉納 英明 2015 沖縄の子どもと地域の教育力 株式会社エイデル研究所
高嶺 司 2016 日本の対中国関与外交政策―開発援助からみた日中関係 株式会社明石書店
大峰 光博 2016 野球における暴力の論理学 株式会社晃洋書房
住江 淳司 2017 カヌードスの乱―19世紀ブラジルにおける宗教共同体 春風社
迫田 幸栄 2018 現代日本語における分析的な構造をもつ派生動詞 株式会社ひつじ書房
仲尾次 洋子 2020 台湾の会計制度―会計基準の国際化と国家戦略― 同文舘出版株式会社

新規採用者助成

実績年度研究代表者研究課題
令和2年度 波照間 永吉(国際文化研究科) 琉球文化圏における祭祀と歌謡の関係の研究
令和1年度 立津 慶幸(リベラルアーツ機構) 微量In元素添加により実現した新奇Fe-Pd相の安定性に関する理論的研究
令和1年度 岡部 麻里(スポーツ健康学科) ミャンマー連邦共和国の生徒における低成長とその因子
令和1年度 浦添 美和(看護学科) 沖縄県北部地区に在留する外国人労働者とその家族の健康に関する実態調査 ~ネパールからの在留外国人の健康課題について~
令和1年度 神田 奈津子(スポーツ健康学科) へき地等指定学校における救急処置に関する困難感や課題について
令和1年度 溝口 広紀(看護学科) 地域活動に参加していない一人暮らし高齢者の死生観ー語りに焦点を当ててー

科学研究費

申請および獲得状況に関する年度推移

↓クリックするとPDFが開きます

kenkyu2022-1.jpg kenkyu2022-2.jpg kenkyu2022-3.jpg
図1.受入額(円)・件数 図2.申請率 図3.採択率

科学研究費:採択研究課題(代表:34件)令和3年度実績

研究種目研究代表者研究課題研究開始年度研究終了年度(延期等含む)
基盤研究(C) 玉井 なおみ(看護学科) 乳がん患者の生命予後に影響するオーダーメイドのウォーキングプログラムの開発と普及 平成28年度 令和3年度
基盤研究(C) 坪井 祐司(国際学群) 国民国家建設期の東南アジアにおけるマレー・ムスリムのネットワーク 平成29年度 令和3年度
基盤研究(C) 小柳 弘恵(研究員) 『離島の子育て"届ける"支援プロジェクト』 ~村・医・学連携システムの構築~ 平成30年度 令和4年度
基盤研究(C) 安仁屋 優子(看護学科) 都市部と農漁村部における地域力を活かした「近助」ケアシステムの開発 平成30年度 令和4年度
基盤研究(C)

島袋 尚美(看護学科)

ヘルスリテラシーの向上に着目した島民の「肝臓を守る健康教育プログラム」の開発 平成30年度 令和4年度
基盤研究(C) 中村 浩一郎(国際学群) ヨーロッパ言語と日本語・中国語比較による主題構造のカートグラフィー研究 令和1年度 令和4年度
基盤研究(C) 渡慶次 正則(国際学群) 談話と理解度を中心とした小学校英語教員のオンラインによるスピーキング能力の開発 令和1年度 令和3年度
基盤研究(C) 清水 かおり(看護学科) 離島・へき地で働く看護職者のキャリア発達支援と継続教育方法の検討 令和1年度 令和4年度
基盤研究(C) 西田 涼子(看護学科) 輸入感染症の脅威にさらされている沖縄県在住大学生の危機意識の実態と支援体制の構築 令和1年度 令和4年度
基盤研究(C) 鬼頭 和子(看護学科) 精神障害者の生活行動に急速な改善をもたらすフットケアによる看護援助モデルの開発 令和1年度 令和4年度
基盤研究(C) 下地 幸子(看護学科) 認知症支援困難事例から始まる地域と大学との協働による地縁ネットワーク開発 令和1年度 令和3年度
若手研究 仲尾次 洋子(国際学群) 台湾進出日本企業を対象とした国際財務報告基準の戦略的適用に関する研究 平成30年度 令和3年度
若手研究 卯田 卓矢(国際学群) 近現代の比叡山におけるツーリズム空間化による教団システムの変容 平成30年度 令和3年度
若手研究 山城 智史(リベラルアーツ機構) 明治期における条約改正交渉と「琉球処分」政策のトランスナショナルな連動性 平成30年度 令和4年度
挑戦的研究(萌芽) 鈴木 啓子(看護学科) 沖縄の地域文化に根ざした自死遺族支援の構築―相互扶助の中で忌避される自死― 平成30年度 令和4年度
若手研究 麻生 玲子(国際学群)

日本の消滅危機言語を対象とした大量の言語資料収集・蓄積方法に関する基礎研究

平成30年度 令和4年度
若手研究 屋良 健一郎(国際学群) 和歌・和文から見た琉球・日本の文化交流 令和1年度 令和4年度
若手研究 田場 真由美(看護学科) へき地のソーシャル・キャピタルを「8050」世帯の支援に活かす介入研究 令和1年度 令和4年度
若手研究 平野 貴也(スポーツ健康学科) 国際的スポーツイベントを通じた都市ブランディングに関する実証的研究 令和1年度 令和4年度
若手研究 玉城 将(スポーツ健康学科) 卓球において回転戦術が得点に及ぼす影響の定量化 令和1年度 令和4年度
若手研究 大浦 早智(看護学科) へき地における若年母親のベビーマッサージプログラムをきっかけとした居場所づくり 令和2年度 令和4年度
若手研究 志田 淳二朗(国際学群) 旧ソ連圏秩序再編をめぐるクリントン外交の研究 令和2年度 令和4年度
基盤研究(C) 板山 勝樹(国際学群) 戦後日本における同和教育思想の形成・変容過程についての研究 令和2年度 令和4年度
基盤研究(C) 玉井 なおみ(看護学科) 乳がん患者の持続可能なオーダーメイドウォーキング・ケアプランの構築と標準化の確立 令和2年度 令和5年度
基盤研究(C) 木村 安貴(看護学科) がん化学療法患者の離職予防に向けた就労関連スティグマ低減の双方向支援ツールの開発 令和2年度 令和5年度
基盤研究(C) 阿部 正子(看護学科) 不妊治療の終結をめぐる夫婦の意思決定支援に有用な看護アセスメントガイドの開発 令和1年度 令和4年度
基盤研究(C) 奥本 正(スポーツ健康学科) 夏季日常生活時の温度環境が日本人の発汗機能に影響を与える-生育地域からの検討 令和3年度 令和7年度
基盤研究(C) 長嶺 絵里子(看護学科) 島しょ・へき地の強みを活かした青年期・思春期のピアカウンセリング・プログラムの開発 令和3年度 令和5年度
基盤研究(C) 伊波 弘幸(看護学科) ハンセン病療養所再興プロセスの構造化「住み慣れた場所で生き生き暮らす拠点へ」 令和3年度 令和6年度
基盤研究(C) 島袋 尚美(看護学科) 人生100年を健康に生きる離島中学生のヘルスリテラシー教育プログラムの開発 令和3年度 令和5年度
基盤研究(C) 下地 紀靖(看護学科) 戦後フィリピン軍人・軍属に嫁いだ沖縄女性たちの生涯 令和3年度 令和5年度
基盤研究(C) 立津 慶幸(リベラルアーツ機構) 計算科学と機械学習の組み合わせから紐解く磁石材料の電子論 令和3年度 令和5年度
若手研究 仲尾次 洋子(国際学群) テキストマイニングによる台湾会計基準設定主体の存在意義の解明 令和3年度 令和5年度
若手研究 濱本 想子(スポーツ健康学科) 保健体育科教員養成課程におけるTPACK育成プログラムの開発的研究 令和3年度 令和6年度

宇流麻学術研究助成基金令和3年度実績

研究代表者研究課題
神谷 義人 沖縄県内大学生における歩行許容距離と歩数との関連-どのくらいの距離なら歩いていきますか?-の探索的検討
長尾 直洋 第二次世界大戦前のブラジル邦字新聞における沖縄系移民の自己表像に関する一考察

講演会・シンポジウム等令和1、2年度実績

部門内容概要
シンポジウム With / Afterコロナにおけるやんばるの産業
第Ⅰ部 「コロナ禍における企業の取り組みと今後」
第Ⅱ部 パネルディスカッション「With/After コロナにおけるやんばるの産業」
日時:令和3年3月13日(土曜日)14:00~16:00
開催方法:オンラインZOOM
「コロナ禍における企業の取り組みと今後」として,3社の創業期からのあゆみ,コロナ前の現状およびアフターコロナを見据えた取り組みについてご講演いただいた。
「With/After コロナにおけるやんばるの産業」をテーマに,地域との関わり,地産地消を目指した商品開発,循環型社会,起業の成功の秘訣などについて議論を深めた。
シンポジウム 第34回日本観光研究学会全国大会 シンポジウム
「持続可能な観光のあり方を考える -沖縄の取組みと課題から-」
(日本観光研究学会・環太平洋地域文化研究所 共催)
日時:2019年12 月14 日(土)
持続可能な開発目標における観光をグローバルかつローカルの視点から捉え返し、観光インパクトの再考や沖縄の事例を通して、今後の日本における観光地のマネジメントに関する議論を深化させた。 20191214.jpg
シンポジウム 国際シンポジウム「琉球諸語と文化の未来」 共催:琉球新報社
場所:琉球新報ホール(那覇市泉崎1丁目10番地3号)
日時:令和2年2月15日(土)14:00~16:30
琉球・沖縄の文化を継承し,さらに発展させていくために今何をすべきかについて,「琉球諸語と文化の未来」と題して,博士後期課程・国際文化研究科長,現在を代表する知識人と研究者,そしてハワイ語の復興に取り組み大きな成果をあげてきた協定大学であるハワイ大学の専門家をお招きし,国際シンポジウムを開催した。当日は約300人が来場し,会場から登壇者への質疑や意見が多く寄せられ活発な意見交換が行われた。

20200215_1.jpg

名桜やんばるアカデミー令和3年度実績

日時担当教員内容
2022年2月2日(水)
18:15~19:45
麻生 玲子 「琉球列島のことばの多様性」 yanbaruacademy2021.jpg
2022年2月9日(水)
18:15~19:45
当銘 盛之 「漢字圏日本語学習者への漢字教育を考える」
2022年2月16日(水)
18:15~19:45
半嶺 まどか 「『ことば』の継承に向けて:海外の事例からやんばるでの取り組みまで」

共同研究令和3年度実績

研究代表者研究名共同研究機関
平野 貴也 競技者の身体知の獲得・発揮の解明及び競技・観戦体験がもたらす行動変容 日本電信電話株式会社 人間情報研究所

受託研究・事業等令和3年度実績

研究テーマ委託者
真の社会イノベーションを実現する革新的「健やか力」創造拠点 国立研究開発法人科学技術振興機構
沖縄科学技術イノベーションシステム構築事業(出口志向型研究支援業務)における共同研究(委託)業務 公益財団法人沖縄科学技術振興センター
北部教育研修センター実証実験 北部広域市町村圏事務組合
ストレスチェック事業 医療法人タピック
デ・ラサール大学 海外協定校国際共同研究 デ・ラサール大学

お問い合わせ

環太平洋地域文化研究所

電話番号:0980-51-1107
FAX番号:0980-51-1136

Share!

ページトップへ