沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

環太平洋地域文化研究所研究

概要

環太平洋地域文化研究所は、外部の研究機関と連携しながら主として沖縄県北部の地域社会へ研究成果を還元し、地域のシンクタンクとしての機能を果たすべく1996年に設置(2019年4月名称変更)された研究施設である。主な活動としては以下の項目がある。

  1. 研究所紀要の発行、研究発表会の開催
  2. 研究助成(学際的共同プロジェクト研究、特定研究、出版助成)
  3. 基盤形成事業、地域貢献研究萌芽的プロジェクト
  4. 科学研究費および外部の研究助成・受託研究・共同研究の受入
  5. コンプライアンス教育研修会の開催
  6. 研究所主催シンポジウム・講演会

また、70名収容の研修室は、学外機関の研修会や講習会の会場として地域市民に開放されている。

出版助成

著者発行年書名出版社
嘉納 英明 2015 沖縄の子どもと地域の教育力 株式会社エイデル研究所
高嶺 司 2016 日本の対中国関与外交政策―開発援助からみた日中関係 株式会社明石書店
大峰 光博 2016 野球における暴力の論理学 株式会社晃洋書房
住江 淳司 2017 カヌードスの乱―19世紀ブラジルにおける宗教共同体 春風社
迫田 幸栄 2018 現代日本語における分析的な構造をもつ派生動詞 株式会社ひつじ書房

総合研究所 特定研究平成30年度実績

研究代表者共同研究者研究テーマ
嘉納 英明 4名 沖縄社会の貧困と格差に関する研究

総合研究所 学際的共同プロジェクト研究平成30年度実績

研究代表者共同研究者研究テーマ
本村 純 8名 遺伝的要因に対応させた糖尿病PDAプログラムの開発
仲尾次 洋子 2名 グローバルビジネスの会計課題に関する研究-沖縄の台湾進出企業を対象に-
平野 貴也 2名 国際スポーツイベントにおける観戦者の動機と満足度-ウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会観戦者調査から-
下地 幸子 7名 個別支援から始まるチュイシージーによるシマづくりの推進―金武町Z区における地域と大学との共同連携―
島袋 尚美 5名 伊江村島民のヘルスリテラシーの向上を目指す「肝臓を守る健康教育プログラム」の開発
小柳 弘恵 9名 "やんばる母乳育児支援プロジェクト"-沖縄県北部医療圏の母乳育児率向上のための支援体制の構築-

総合研究所 新規採用者助成平成30年度実績

研究代表者研究テーマ
新城 慈 沖縄県内の一般病院に勤務する看護師の日常倫理に関連する要因の検討
神谷 義人 "健康づくり推進員"活動が地域住民の健診受診行動に及ぼす影響の検討―南城市A地区の事例から―

平成30年度研究費助成 宇流麻学術研究助成基金平成30年度実績

研究代表者研究テーマ
上原 なつき 琉球・沖縄の藁算とアンデス文明のキープに関する結縄文化の比較研究

平成30年度研究費助成 受託研究平成30年度実績

研究代表者研究テーマ委託者
本村 純 平成30年度沖縄・ハワイ協力推進事業委託業務における研究テーマ:「ウチナーンチュの認知症有病率に影響を与える先天的要因と後天的要因の検討」 公益財団法人沖縄科学技術振興センター
砂川 昌範 ヒト臍帯静脈血管内皮細胞におけるeNOS mRNA発現に対するシークヮーサーの効果 一般社団法人沖縄美ら島財団

平成30年度 講演会・シンポジウム等平成30年度実績

部門内容
シンポジウム 名桜大学総合研究所「特定研究」シンポジウム 沖縄社会の貧困と格差 教育・文学・歴史・移民
日時:平成31年2月2日(土)14:00~17:00
シンポジウム 名桜大学総合研究所シンポジウム 英語教育再生にむけての提言
日時:平成31年2月23日(土)13:00~18:00
シンポジウム 沖縄とオリンピック・パラリンピック-東京2020に向けて-
日 時:平成31年2月24日(日)13:00~15:30
シンポジウム 名桜大学総合研究所 歴史シンポジウム 種子島と東アジア海域
日 時:平成31年3月10日(日)13:00~17:00

お問い合わせ

環太平洋地域文化研究所

電話番号:0980-51-1107
FAX番号:0980-51-1136

Share!

ページトップへ