公立大学法人名桜大学

 

 

名桜大学大学院アドミッションポリシー

大学院国際文化研究科アドミッションポリシー(入学者受入方針)

 

 国際文化研究科の教育目標を達成するために、本研究科に入学を希望する人には以下のことを求めます。

1.強い研究意欲を有し、何事にも主体的に取り組む姿勢を持っていること。
2.専門分野の基本的な研究手法を活用し、現代社会の課題を正確に理解・分析したうえで、その結果を様々な方法で創造的に表現できること。
3.本研究科教育課程で学ぶために必要な基本的知識・技能を有すること。
 
なお、各教育研究領域では次のような人材を求める。

 

【言語文化教育研究領域】
 言語を中心とする人間の文化に関する独創的な研究を計画し遂行することを目的とし言語や文化の領域でグローバルな視点から貢献できる人材
 
【社会制度政策教育研究領域】
 グローバル化が進展する現代社会を背景にして、国内諸問題に関心を寄せ、歴史、政治、経済、法律、国際関係などの視点から究明し、その解決策を提言する政策立案者、研究者を目指す人材
 
【経営情報教育研究領域】
 専門的職業人として地域の経済、産業、情報化、人材育成に貢献できる高い研究意欲を有する人材
 
【観光環境教育研究領域】
 観光を文化、亜熱帯性・海洋性・島嶼性に関する環境、政治経済の視点から総合的に研究するために、観光学についての基盤となる知識を有する人材
 
【健康科学教育研究領域】

 人間の健康とスポーツの諸科学についての基本的な理解と、今後の展開について考究し、地域社会や国際社会の健康に関して、健康科学の視点から学術的に探求できる人材

 

 


 

看護学研究科アドミッションポリシー(入学者受入方針)

 

 

 看護学研究科の教育目標を達成するために、本研究科に入学を希望する人には以下のことを求めます。

1.看護学の発展に向けて、自ら進んで取り組む意欲と探求する姿勢を持っていること。
2.多様化・複雑化・高度化する看護ニーズに応えるため、高度な知識、看護実践能力および研究能力の習得を目指していること。
3.看護実践・教育・研究を通して地域社会や国際社会に貢献する意思を持っていること。
4.本研究科教育課程で学ぶために必要な基本的知識・技能を有していること。