沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

玉井 なおみTamai Naomi

プロフィール

研究室 看護学科棟研究室5
メールアドレス n.tamai(at)meio-u.ac.jp
最終学歴

琉球大学医学部保健学科修了
琉球大学大学院保健学研究科(修士課程)保健学専攻修了
沖縄県立看護大学大学院保健看護学研究科博士後期課程(博士課程)修了 2012年3月
2012, Doctor Course Graduate School,Division of Nursing, Okinawa Prefectural College of Nursing

学位

博士(看護学)沖縄県立看護大学大学院 2012年3月

Ph.D. in Nursing (2012, Okinawa Prefectural College of Nursing)

担当科目

(看護学科)

  1. 成人看護学概論
    Introduction to Adult Nursing
  2. 成人看護学方法論Ⅱ
    Adult Nursing Care :Assessment and skills
  3. ターミナルケア論
    End of Life Care
  4. 看護研究方法
    Introduction to nursing research
  5. 教養演習Ⅰ
    Introduction to Academic Skills I
  6. 卒業研究
    Research Seminar: Nursing
  7. 成人看護実習Ⅱ
    Adult Nursing Care: Assessment and skills Ⅱ
  8. 総合実習
    Integrated Nursing Practicum
  9. ヒューマンケアリング
    Introduction to Human Caring

(大学院看護学研究科)

  1. 看護学研究方法論Ⅰ
    Introduction to Nursing ResearchⅠ
  2. 看護理論
    Nursing Theory
  3. 臨床看護学特論Ⅰ(がん看護学領域)
    Oncology NursingⅠ
  4. 臨床看護学特論Ⅱ(がん看護学領域)
    Oncology NursingⅡ
  5. 専門演習
    Seminar in Nursing
  6. 特別研究
    Master’s Thesis of Science in Nursing
専門分野
  1. 成人看護学 Adult Nursing
  2. がん看護学 Cancer Nursing
  3. 終末期看護学 End-of-Life care
研究課題
  1. 乳がん患者の生命予後に影響するオーダーメイドのウォーキングプログラムに関する研究
  2. 終末期看護教育に関する研究
  3. その人らしさを支える看護に関する研究
所属学会
  1. 日本がん看護学会
    Japanese Society of Cancer Nursing
  2. 日本看護科学学会
    Japan Academy of Nursing Science
  3. 日本看護研究学会
    Japanese Society of Nursing Research
  4. 緩和医療学会
    Japanese Society for Palliative Medicine
  5. 米国がん看護学会
    Oncology Nursing Society
  6. 日本がんサポーティブケア学会(国際会員)
    Japanese Association of Supportive Care in Cancer
主要論文・著書等
  1. 玉井なおみ、木村安貴、神里みどり、西田涼子:乳がんサバイバーの運動実施の状況と関連要因、日本緩和医療学会誌 ( Palliat Care Res), 第14巻2号、P97-105, 2019
    Status of exercise and related factors in survivors of breast cancer
  2. 玉井なおみ、木村安貴、神里みどり:看護師によるがんサバイバーの運動支援の現状と関連要因、日本がん看護学会誌、第33巻、P65-76、2019.
    Current status of exercise support for cancer survivors by nurses and related factors
  3. 玉井なおみ:特集 がんと運動、日本リハビリテーション看護学会誌、第9巻1号, P33-36、2019.
    Cancer and Exercise: Let’s exercise if you get cancer
  4. 玉井なおみ、他.終末期看護教育がもたらす看護学生の終末期ケアに対する意識の変化-the Frommelt Attitude Toward Care of Dying Scale, Form B と質的分析を用いての評価―、名桜大学紀要、第23号、P1-13, 2018.
    Naomi Tamai, et al. Change in Nursing student’s attitude of terminal care through end-of-life nursing education: Evaluation using the Frommelt Attitude Toward Care of Dying Scale, Form B and the qualitative analysis、The Meio university bulletin,23, 1-13, 2018.
  5. 玉井なおみ、他.終末期看護教育がもたらす看護学生の終末期ケアに対する意識の変化-the Frommelt Attitude Toward Care of Dying Scale, Form B と質的分析を用いての評価―、名桜大学紀要、第23号、P1-13, 2018.
    Naomi Tamai, et al. Change in Nursing student’s attitude of terminal care through end-of-life nursing education: Evaluation using the Frommelt Attitude Toward Care of Dying Scale, Form B and the qualitative analysis、The Meio university bulletin,23, 1-13, 2018.
  6. 玉井なおみ、他.がん再発や治療の副作用に対する運動の予防効果に関する医療者と市民の認識、日本リハビリテーション看護学会誌、第7巻、1号、59-67, 2017.
    Naomi Tamai, et al. Survey on medical professions’ and Citizens’ consciousness toward preventive effects of exercise among cancer survivors, The Japanese journal rehabilitation nursing, 7(1), 59-67, 2017.
  7. 玉井なおみ、他.乳がんサバイバーの運動プログラムに関する文献検討、日本リハビリテーション看護学会誌、第6巻、1号、27-33, 2016.
    Naomi Tamai, et al. A literature review on the breast cancer survivor’s exercise program, The Japanese journal rehabilitation nursing, 7(1), 27-33,2016.
  8. 玉井なおみ、他.乳がん体験者が運動を生活に取り入れる運動行動パターン、日本がん看護学会誌、第29巻3号、 p40-50, 2015.
    Naomi Tamai, et al. The process of Home-based exercise in daily life for breast cancer survivors, Journal of Japanese society of cancer nursing, 29(3), 40-50,2016.
  9. 玉井なおみ.乳がん体験者の運動信念モデル、沖縄県立看護大学大学院博士後期課程、博士論文. 2013
  10. 玉井なおみ、他.乳がん体験者に対する効果的な運動を動機づけるための理論的枠組みの検討、沖縄県立看護大学紀要第12号、93-104.2011.
    Naomi Tamai, et al. Theoretical Framework to Study Exercise Motivation for Risk Reduction among Breast Cancer Survivors, Journal of Okinawa Prefectural College of Nursing, 12, 93-104, 2011.
獲得した外部資金
  1. 「乳がん患者の持続可能なオーダーメイドのウォーキング・ケアプランの構築と標準化の確立」、令和2年度~令和5年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) (研究代表者:玉井なおみ) (研究課題番号20K10765)
  2. 「乳がん患者の生命予後に影響するオーダーメイドのウォーキングプログラムの開発と普及」、平成28年度~平成31年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) (研究代表者:玉井なおみ) (研究課題番号16K12072)

  3. 「乳がん患者の日常生活に重点をおいた運動支援プログラムの開発」、平成27年度 名桜大学学長特別政策経費:特色ある研究、若手研究者に対する科学研究費等獲得インセンティブ経費、(研究代表者:玉井なおみ)

  4. 「ターミナル期看護における看護者のストレスとケアとの関連―ストレス介入の試み―」平成14年 笹川医学医療研究財団 研究業績年報,16 (研究代表者:玉井なおみ)

  5. 「看護職者からみた沖縄県内のターミナル期看護の現状と課題― ホスピスケアと在宅ターミナルケアの比較」平成12年 笹川医学医療研究財団 研究業績年報,16 (研究分担者:玉井なおみ)
社会的活動
  1. 臨床看護研究会代表
  2. 乳がん患者会講師
支援可能な内容・領域
  1. 乳がん患者の運動支援
  2. 症状緩和のための補完代替療法
  3. 緩和ケア
PR

がん看護学、緩和ケアを専門としています。学部教育では成人看護学分野を担当し、大学院教育ではがん看護学領域を担当しています。これまでの臨床経験や教育・研究の経験を活かし、高度看護実践者、看護リーダーの育成ならびに地域貢献できるよう努力するとともに、学生と学び歩んでいきたいと思います。宜しくお願いします。

Share!

ページトップへ