沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

高瀬 幸一 Takase Koichi

プロフィール

出身地 島根県
最終学歴

福岡大学大学院スポーツ健康科学研究科

スポーツ健康科学専攻(博士課程後期)単位取得 2013年3月

Graduate School of Sports and Health Science, Fukuoka University

学位

体育学修士

Master of physical education

担当科目

(学部)

  1. 生理学・運動生理学 Exercise (sports) physiology
  2. 生理学・運動生理学演習 Experiments on exercise (sports) physiology
  3. 発育発達学 Development and aging of human
  4. ウェルネス概論 Introduction on wellness
  5. 健康・スポーツ科学 Health and sports sciences、

(大学院)

  1. ヘルスプロモーション論 Health Promotion
  2. 健康・スポーツ指導特論 Instructing Health Sports
専門分野

運動生理学、健康づくり、バイオメカニクス

Exercise (sports) physiology、health promotion, Biomechanics

研究課題
  1. 高齢者の筋機能特に関する研究
    Characteristics of muscle function in the elderly
  2. 高齢者のADLやQOLに関する研究
    Research on ADL and QOL in the elderly
  3. 地域の健康増進に関する研究
    Research on community health promotion
所属学会
  1. 日本体育学会
    Japan society of physical education, health and sport sciences
  2. 日本体力医学会
    Japanese society of physical fitness and sport medicine
  3. American College of Sports Medicine
主要論文・著書等
  1. 伸張される筋の特性と役割、体育の科学(2000)
    Characteristics and roles of stretched muscles. Journal of Health, Physical Education and Recreation. 2000
  2. 高齢者におけるElectromechanical Delayの特性、九州体育・スポーツ学研究(2005)
    Characteristics of electromechanical delay in the elderly. Kyushu Journal of Physical Education and Sport. 2005
  3. 女性中高年者における筋機能動態の特性、九州体育・スポーツ学研究(2006)
    Characteristics of muscle functions in middle-aged women. Kyushu Journal of Physical Education and Sport. 2006
  4. Electromechanical delay of knee extension in the healthy oldest-old, Medicine & Science in Sports & Exercise.2015)
  5. “てるしの”の輝き!名桜大学「健康・長寿プロジェクト、大学体育(2015)
    shine of iheya, Healthy longevity project of Meio University. 2015
獲得した外部資金
  1. 高齢者の筋反応時間の遅延および筋出力とトレーナビリティ, 日本学術振興会科学研究補助金基盤研究(C)、平成16年度−平成17年度(分担研究)
  2. 後期高齢者における下肢の筋−腱機能動態と筋反応特性、公益信託 宇流麻学術研究助成基金、平成21年度(研究代表者)
  3. 「スポーツを通じた地域コミュニティ活性化促進事業(大学・企業のスポーツ資源を活用した地域コミュニティ活性化促進事業)」、文部科学省助成事業、平成26年度(共同事業)
  4. 長寿県沖縄の復活に向けての基礎研究-高齢者の身体状況、生活習慣、健康状態-、日本学術振興会科学研究補助金基盤研究(C)、平成26年度−平成29年度(分担研究)
受賞
  1. 九州体育・スポーツ学会賞(優秀論文賞): 2006年
  2. 厚生労働省スマートライフプロジェクト「健康寿命を伸ばそうアワード厚生労働省健康局長賞」2015年
  3. 第1回沖縄県健康づくり表彰「がんじゅうさびら表彰準グランプリ」ヘルスサポート顧問として
社会的活動
  1. 名桜大学活動支援団体ヘルスサポート顧問
  2. 沖縄県児童・生徒体力向上推進委員会副委員長
  3. 九州体育スポーツ学会理事長
  4. 日本体育学会代議員
  5. 日本医学看護学教育学会理事
支援可能な内容・領域
  1. 地域における健康増進(健康づくり、コミュニティ活性化)
  2. 生活習慣病予防のための実践的取り組み
  3. 高齢者の転倒防止
PR

私は、ACTIVE LIFE!を送る上でとても重要となる「運動」が、生活習慣病の予防や体力の維持及び向上、そして心の問題等に対し大きく貢献できることを理解させ、 日常の生活の中にこの運動を上手く取り入れる工夫や仕掛けについて教えていくことを目標としています。また、社会やライフスタイルが変化しようとも、一人でも多くの 人が「死ぬまで元気でいられる心や身体を持ち続けることの大切さ」を、個人だけではなく社会全体の問題として捉えることができるように教えていきたいと考えています。

Share!

ページトップへ