沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

田場 真由美Taba Mayumi

プロフィール

出身地 沖縄県
研究室 看護学科棟研究室15
メールアドレス m.taba(at)meio-u.ac.jp
最終学歴

国立大学法人琉球大学大学院保健学研究科保健学専攻博士後期課程修了

University of the Ryukyus,Graduate School of Health Sciences (Doctor course)

学位

博士(保健学)

Ph.Dr.(Health Science)

担当科目
  1. 公衆衛生看護学概論 Introduction to Public Health Nursing
  2. 公衆衛生看護活動論 Public Health Nursing Policies
  3. 公衆衛生看護方法論 I Public Health Nursing: Assessment and Skills I
  4. 公衆衛生看護方法論 Ⅱ Public Health Nursing: Assessment and Skills Ⅱ
  5. 公衆衛生看護管理論 Public Health Nursing: Management and Administration
  6. 公衆衛生看護実習 I Public Health Nursing: Practicum I (Health Promotion)
  7. 公衆衛生看護実習 II Public Health Nursing: Practicum II (Health Centers)
  8. 公衆衛生看護実習 III Public Health Nursing: Practicum III (Community)
  9. 総合看護実習 Integrated Nursing Practicum
  10. 卒業研究 Research Seminar: Nursing
  11. 看護政策論 Nursing policy theory
  12. 公衆衛生学 Public Health
専門分野

公衆衛生看護、地域精神保健

Public Health Nursing, Community Mental Health

研究課題
  1. 沖縄の中高年の健康とソーシャル・キャピタルとの関連の研究
    Relationship between Individual-level Social Capital and Mental Health among Middle-aged Adults in Okinawa
  2. 沖縄戦体験者の精神保健に関する研究
    Mental health of Okinawa war experienced peoples
  3. 僻地、離島の公衆衛生看護に関する研究
    Community health nursing in rural and remote area
所属学会
  1. 日本公衆衛生学会
    Japan Society of Public Health
  2. 日本公衆衛生看護学会
    Japan Academy of Public Health Nursing
  3. 日本健康教育学会
    Japanese Society of Health Education and Promotion
  4. 日本地域看護学会
    Japan Academy of Community Health Nursing
主要論文・著書等
  1. 田場真由美,他(2017):沖縄の中高年の精神的健康と社会的信頼、地域伝統行事、模合を含む個人的ソーシャル・キャピタルとの関連,琉球医学会誌,35(1~4),p7-20.
    Relationship between Individual-level Social Capital Including Social Trust, Traditional Local Events and Moai, and Mental Health among Middle-aged Adults in Okinawa, Ryukyu Medical Journal,35(1~4),p7-20.
  2. 田場真由美共著,當山冨士子編 対米助成シリーズNo48 終戦から67年目にみる沖縄戦体験者の精神保健,P32-40, 沖縄戦トラウマ研究会.
    Mental health of Okinawa war experienced persons in 67th year after the end of war.p32-40, Okinawa war trauma study group.
  3. 田場真由美,他(2006):精神科入院患者にみられる多飲水の評価基準の信頼性の検討-看護者のためのPolydipsia Screening Tool(Reynolds)日本版の導入に向けて-,第37回日本看護学会論文集 看護総合,p36-38.
    Reliability of evaluation criteria of multiple drinking water found in psychiatric inpatients - Polydipsia Screening Tool (Reynolds) for nurses Toward the introduction of the Japanese version -
  4. 田場真由美,他(2006):精神科入院患者にみられる多飲水の評価基準の妥当性の検討-看護者のためのPolydipsia Screening Tool(Reynolds)日本版の導入に向けて-精神科入院患者にみられる多飲水の評価基準の妥当性の検討-看護者のためのPolydipsia Screening Tool(Reynolds)日本版の導入に向けて-,第37回日本看護学会論文集 看護総合,p39-41.
    Validity of evaluation criteria of multiple drinking water found in psychiatric inpatients - Polydipsia Screening Tool (Reynolds) for nurses Toward the introduction of the Japanese version -
  5. 田場真由美,他(2007):日本における「多飲水」に関する文献的考察(1)-「原著論文」「報告」を対象として, 沖縄県立看護大学紀要第8号,p55-63.
  6. 北部12市町村における健康づくりに活かせるソーシャル・キャピタルの発掘―自治会長への質問調査の分析から―、名桜大学総合研究所紀要,No28.
獲得した外部資金
  1. 平成30年度~平成32年度科学研究費補助金 基盤研究(C)「島民のヘルスリテラシーの向上に着目したアルコール性肝疾患の予防教育システムの構築」(研究分担者)
  2. 2019年度~2022年度科学研究費補助金 若手研究「へき地のソーシャル・キャピタルを「8050」世帯の支援に活かす介入研究」
社会的活動
  1. 沖縄県看護協会倫理審査委員
  2. 名護市地域包括支援センター及び地域密着型サービス等運営会議構成員
支援可能な内容・領域
  1. 地域健康組織創り
  2. メンタルヘルス
  3. 保健師・訪問看護師等の現任教育
PR

これまで様々な現場で保健看護経験を積んできました。その経験知を活かし、北部の保健師をはじめ、地域住民とともに、“ソーシャル・キャピタル”の視点で公衆衛生看護に活かせる教育と研究を追求していきたいと考えています。

Share!

ページトップへ