沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

本村 純Motomura Jun

プロフィール

生年月 1977年5月
出身地 沖縄県
研究室 新研究棟4階420室
メールアドレス j.motomura(at)meio-u.ac.jp
最終学歴

大阪大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 博士後期課程 単位取得満期退学
Osaka University Graduate School of Medicine, Division of Health Sciences, Completion of Doctoral Coursework without Degree

学位

保健学修士
Master of Health Science (University of the Ryukyus)

担当科目
  1. 疫学 Epidemiology
  2. 保健統計学 Health Statistics
  3. 産業看護学 Occupational Health Nursing
  4. 公衆衛生看護学概論 Introduction to Public Health Nursing
  5. 公衆衛生看護活動論 Public Health Nursing Policies
  6. 公衆衛生看護方法論 I Public Health Nursing: Assessment and Skills I
  7. 公衆衛生看護方法論 II Public Health Nursing: Assessment and Skills II
  8. 公衆衛生看護管理論 Public Health Nursing: Management and Administration
  9. 公衆衛生看護実習 I Public Health Nursing: Practicum I (Health Promotion)
  10. 公衆衛生看護実習 II Public Health Nursing: Practicum II (Health Centers)
  11. 公衆衛生看護実習 III Public Health Nursing: Practicum III (Municipal Health Centers)
  12. 総合看護実習 Integrated Nursing Practicum
  13. 卒業研究 Research Seminar: Nursing
  14. 教養演習 II Study skills II
専門分野

疫学、公衆衛生学、公衆衛生看護学
Epidemiology , Public Health, Public Health Nursing

研究課題
  1. ウチナーンチュにおける認知症の疫学
    Epidemiology of dementia in Uchinanchu
  2. ウチナーンチュにおける非アルコール性脂肪性肝疾患の疫学
    Epidemiology of Non-Alcoholic Fatty Liver Disease in Uchinanchu
所属学会
  1. 日本疫学会
    Japan Epidemiological Association
  2. 日本公衆衛生学会
    Japanese Society of Public Health
  3. 日本公衆衛生看護学会
    Japan Academy of Public Health Nursing
  4. 日本臨床生理学会
    Japanese Society of Clinical Physiology
  5. 日本病態生理学会
    Japanese Society of Pathophysiology
  6. 日本生理学会
    Physiological Society of Japan
  7. 日本心身医学会
    Japanese Society of Psychosomatic Medicine
主要論文・著書等
  1. 運動によるState-Trait Anxiety Inventory得点及びCenter for Epidemiologic Studies Depression Scale得点への影響:無作為化比較試験(筆頭、原著、和文)
    琉球医学会誌(ISSN:1346-888X)38巻 1~4号 Page35-45(2019.10)

  2. 絶食によるOLETFラットカンナビノイド受容体mRNA発現の変化(筆頭、原著、和文)
    Change in expression of the cannabinoid receptor mRNA in OLETF rat by fasting
    日本臨床生理学会雑誌(ISSN:0286-7052)48巻2号 Page81-89(2018.5)

  3. Effect of cholecystokinin on leptin distribution in plasma and CSF in diabetic OLETF rat(筆頭、原著、英文)
    OLETFラットにおけるレプチンの脳脊髄液移行に対するコレシストキニンの役割
    日本臨床生理学会雑誌 (ISSN:0286-7052)47巻5号 Page187-195(2017.12)

  4. 海水フローティングの心身の健康影響に関する介入研究--STAI、VASを用いた不安及び主観的身体・心理評価(共著、原著、和文)
    The effect of floating in seawater on physical and psychological states: evaluation of physical and psychological state in subjective perspective by using STAI and VAS
    医学と生物学 (ISSN:0019-1604)154巻4号 Page212-217(2010.04)

  5. 海水フローティングの心身リラクセーション効果に関する無作為割付比較試験(筆頭、原著、和文)
    A Randomized Controlled Trial of the Effect of Seawater Floating on Physical and Mental Relaxation
    心身医学 (ISSN:0385-0307)49巻10号 Page1101-1109(2009.10)

獲得した外部資金
  1. 平成27年度宇流麻学術研究助成基金 研究代表者:本村純 研究課題「海温水運動及びWATSUを組み合わせたプログラムが睡眠に及ぼす影響」
  2. 平成29年度沖縄・ハワイ協力推進事業委託業務受託(公益財団法人沖縄科学技術振興センター予算) 研究代表者:本村純 研究課題:「ウチナーンチュの認知症有病率に与える先天的要因と後天的要因の検討」

  3. 平成29年度ライフサイエンスプロジェクト研究助成(一般財団法人生命医学研究振興財団) 研究代表者:本村純 研究課題「遺伝的要因に対応させた糖尿病予防プログラムの開発」
  4. 平成30年度沖縄・ハワイ協力推進事業委託業務受託(公益財団法人沖縄科学技術振興センター予算) 研究代表者:本村純 研究課題:「ウチナーンチュの認知症有病率に与える先天的要因と後天的要因の検討」

  5. 平成31年度沖縄・ハワイ協力推進事業委託業務受託(公益財団法人沖縄科学技術振興センター予算) 研究代表者:本村純 研究課題:「ウチナーンチュの認知症有病率に影響を与える先天的要因と後天的要因の検討」
社会的活動
  1. 「第1回やんばる健康フェア」 実行委員会  主催:やんばる健康フェア実行委員会 日時:平成29年10月7日(土)および10月8日(日) 場所:名護市21世紀の森体育館

  2. 「第2回やんばる健康フェア」 実行委員会  主催:やんばる健康フェア実行委員会 日時:平成30年10月6日(土)および10月7日(日) 場所:名護市21世紀の森体育館 *台風により中止。
  3. 「やんばる健康宣言」 北部12市町村首長による「やんばる健康宣言」の素案作成・12市町村首長調整担当
    日時:平成30年11月3日(土) 場所:名桜大学
    *琉球新報社(Web)にて、北部12市町村首長による「やんばる健康宣言」が掲載された。「北部団結『健康宣⾔』 沖縄12市町村 ⻑寿世界⼀復活⽬指す(琉球新報社、2018年11⽉4⽇(⽇) 10:10配信)」
    *Yahoo!ニュースにて、北部12市町村首長による「やんばる健康宣言」が掲載された。「北部団結『健康宣⾔』沖縄12市町村 ⻑寿世界⼀復活⽬指す(Yahoo!ニュース、11月4日(⽇) 10:14配信)」
  4. 「国際コンソーシアム協定連携シンポジウム~沖縄の健康長寿復活~」事務局 主催:公立大学法人名桜大学、北部振興会、共催:国立大学法人琉球大学、ハワイ大学システム、沖縄県立芸術大学
    日時:平成30年11月3日(土) 場所:名桜大学
PR

沖縄県在住のウチナーンチュ及び米国ハワイ在住の沖縄県系移民の方等、ウチナーンチュのDNAを持つ方を対象に、先天的な要因(遺伝要因)及び後天的な要因(環境要因)によるアルツハイマー病の発症への影響を明らかにする研究を行っています。また、やんばる在住の方における非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の疫学調査も実施しています。さらに、やんばるの果物と野菜の健康効果に関する疫学及び臨床研究を開始する予定です。将来的には、これらの研究から得られるエビデンスに基づいて、やんばるにおけるアルツハイマー病及びNAFLDの予防のための具体的な健康増進法を検討したいと考えています。

We are trying to clarify the influence of hereditary factors (genetic factors) and acquired factors (environmental factors) on the onset of Alzheimer’s disease in people with Uchinanchu DNA, such as Uchinanchu living in Okinawa Prefecture and Okinawan immigrants in Hawaii, USA. We are also conducting an epidemiological study of non-alcoholic fatty liver disease (NAFLD) in Yambaru residents. Furthermore, we will start the epidemiological and clinical studies on the health benefits of fruits and vegetables of Yambaru. In the future, we would like to consider concrete health promotion methods for prevention of Alzheimer's disease and NAFLD in Yambaru based on the evidence obtained from these studies.

Share!

ページトップへ