沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

許 点淑HEO Jeomsug

プロフィール

出身地 韓国
研究室 研究棟208
メールアドレス HEO(at)meio-u.ac.jp
最終学歴

大阪大学大学院人間科学研究科(文化人類学)

Graduate School of Human Sciences(Anthropology)

学位

人間科学博士(大阪大学)

Doctor of Human Sciences(Osaka University)

担当科目

(学部)

  1. 地域社会論 Intercultural Regional Studies
  2. 観光文化論 International Studies of Tourism and Culture
  3. 韓国語Ⅰ KoreanⅠ
  4. 韓国語Ⅱ KoreanⅡ
  5. 専攻専門演習Ⅰ Seminar Ⅰ
  6. 専攻専門演習Ⅱ Seminar Ⅱ
  7. 専攻専門演習Ⅲ Seminar Ⅲ
  8. 専攻専門演習Ⅳ Seminar Ⅳ
  9. 観光産業系基礎演習  Introductory Seminar to Tourism Major

(大学院)

  1. 観光資源特論 Tourism resources
  2. 観光文化特論 Special studies on Tourism and Culture
専門分野

文化人類学

Cultural Anthropology

研究課題
  1. 在日韓国・朝鮮人社会におけるアイデンティティの変容
    The Ethnic Identity of Koreans in Japan.
  2. 在韓華僑社会の若い世代のアイデンティティをめぐる葛藤
    The Ethnic Identity of the younger generation of Chinese in Korea.
  3. 沖縄の観光が生み出されるメカニズムと背景の記述
    Tourism today and the cultural traditions of Okinawa.
所属学会
  1. 日本文化人類学会
    Japanese Society of Cultural Anthropology
  2. 東北アジア文化学会(韓国)
    The Association of North-east Asian Cultures
  3. 日本語文学会(韓国)
    The Society of Japanese Language &Literature, Japanology
  4. 沖縄民族学会
    The Folklore Society of Okinawa
主要論文・著書等
  1. 在日韓国・朝鮮人における姓名の諸相『人間科学研究』 Vol.2 (2000年)
    The Aspect of Names in the Society of Koreans in Japan 『Studies in Human Sciences』Vol.2
  2. 日韓国・朝鮮人の巫俗信仰-巫俗と仏教とのシンクレティズムを中心に-『日語日文学研究第40集』(2000年)
    Shamanism of Korean-Japanese - Syncretism of Shamanism and Bu-ddhism -『Journal of Japanese Language and Literature』Vol.40
  3. 韓国語:(女性文化)『 (洛東江流域の人間と文化)』(2003年)
    The Culture of Women『People and Culture around the Basin of N-akdong River』
  4. 韓国語:(在日韓国・朝鮮人社会における姓名の諸相とその行方)『日本語文学第22集』(2003年)
    The Future and the Aspect of Names in the Society of Koreans in Japan『Journal of the society of Japanese Language and Lit-erature, Japanology』Vol.22
  5. 在韓華僑社会のエスニック・アイデンティティの形成と変容―言語生活・職業生活・婚姻観念を中心に―『東北亜文化研究第11集』(2006年)
    The formation and a transfiguration ethnic identity of Chinese society in Korea -Focused on Language, Job Transition, and Marriage Conception-『Journal of North-east Asian Cultures』Vol.11
社会的活動
  1. 「名護市国際交流親善委員会」委員
  2. NPO法人「ハンの碑」理事
PR

もう沖縄の地に足を踏みいれてから6年が過ぎています。最初は半ば旅行者気分でしたが、今はすっかりナゴンチューになったような気がし、この「やんばる」に永住をと真剣に考えています。 『ホモ・ルーデンスHomo Ludens』という本は、「遊び」という視点から文化を比較するという、たいへん示唆に富んでいる古典的名著ですが、私もこの本にならって、「知的好奇心とやる気のあふれる学生たち」と一緒に考え、悩みながら遊びの観点から文化を比較研究したいと思っています。知的な広がりがやんばる地域の名桜大学から世界へ!

Share!

ページトップへ