沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

最新情報

【名桜大学RESAS研究会】海洋博公園熱帯ドリームセンターにて沖縄県産コーヒーを紹介!コーヒーで名護市を元気にする!

掲載日:2023年1月26日お知らせ , 卒業生向け , 受験生向け , 在学生向け , 地域の方向け , 教職員向け , 教育・研究活動レポート

 私達、RESAS研究会名護市コーヒー事業チームは、2021年度に地域経済分析システム(RESAS)を活用して名護市を分析し「地方創生アイディアコンテスト」に参加しました。
 沖縄県は冬季の観光客が減少するという点から冬季に収穫することができるコーヒーに着目してビジネスアイディアを考えました。その結果、名護市で生産されているコーヒーを活用したビジネスアイディアとワーケーション、サブスプリクションの3つ組み合わせたビジネスアイディアを考案し、内閣府沖縄総合事務局長賞を受賞しました。
 ビジネスアイディアを実行するために、沖縄県産コーヒーの認知度を向上させる必要があり、中山コーヒー園、株式会社珈琲や、一般財団法人沖縄美ら島財団(敬称略)にご協力をいただきました。
 令和4年11月12日(土)・13日(日)、海洋博公園の熱帯ドリームセンターにて、株式会社珈琲やから技術提供頂き、名桜大学RESASA研究会のメンバーで焙煎から抽出までを行いました。
 期間中、コーヒーだけでなくコーヒーの実の果肉部分を乾燥させたコーヒーチェリーティー、葉の部分のコーヒーリーフティも提供しました。
 今後も沖縄県産コーヒーの認知度を向上させ、ビジネスアイディア実現のために活動を行っていきたいと考えています。

報告:當山 誠援(経営専攻4年次、沖縄県立西原高校出身)

RESAS1.JPG

コーヒーで名護市を元気にする!
名桜大学RESAS研究会名護市コーヒー事業チーム一同
顧問 草野泰宏准教授(右端)とともに

RESAS2.JPG

コーヒーの実の果肉部分を乾燥させたコーヒーチェリーティー

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobeよりAdobe Readerをダウンロードしインストールしてご利用ください。
掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

Share!

ページトップへ