沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

最新情報

立津慶幸准教授がGoogle Workspace(GWS)ユーザー会 2021年度事例コンテストで2位を獲得

掲載日:2022年3月3日お知らせ , 卒業生向け , 受験生向け , 在学生向け , 地域の方向け , 教職員向け , 教育・研究活動レポート

 立津慶幸准教授(リベラルアーツ機構)がGoogle Workspace(GWS)ユーザー会2021年度事例コンテストで昨年に引き続き優秀賞(2位)を獲得しました(リンク:https://gws-ug.jp/contest_archive/)。
 「GWSユーザー会事例コンテスト」は、毎年12月に開催され、Googleのサービスの一つであるGWSの先進活用事例を紹介するコンテストです。立津准教授は、昨年秋頃に本学で実施したコロナワクチン摂取予約システムと学習状況可視化運営システムに関する事例発表を行いました。
 立津准教授は、「昨年に引き続き優秀賞をいただき非常に嬉しく思います。今回は、Google Sitesをベースにして、組織の中で情報共有を気軽に行う方法について紹介し、関連したデータ分析や可視化のツールと連携させた内容が受賞対象となりました。発表した内容は、大学教育に関わるデータ収集・分析(IR: Institutional Research)に関わる仕事で、GWSを用いることで、セキュリティを担保しながら組織内におけるデータ共有業務を自動化しています。今年度は、学外の方からもGWS活用事例に関する紹介依頼があり、次年度も引き続きGWSに関する有用な情報を発信していければと思います」と喜びと今後の抱負を話しました。

tatetsu_2022_s.JPG

2位を獲得した立津准教授。表彰盾を手に

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobeよりAdobe Readerをダウンロードしインストールしてご利用ください。
掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

Share!

ページトップへ