沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

最新情報

令和3年度名桜大学名誉教授称号授与式を挙行

掲載日:2021年5月24日お知らせ , 教育・研究活動レポート

 令和3年5月14日(金)、本学学長室にて、名桜大学名誉教授称号授与式が執り行われました。名誉教授の称号は、大学運営等に功績のあった者、教育及び学術上の功績が顕著であった者に対し授与されます。今年度は、住江淳司先生(前国際学群教授)に授与されました。
 授与式では、砂川昌範学長より名誉教授称号記の授与、鈴木啓子副学長より花束の贈呈が行われました。そして、砂川学長より「住江先生は、名桜大学が一歩一歩前へ進むとき、常に側にいらっしゃった"キーパーソン"であり、教育・研究において多大なる貢献をしていただきました。まだまだこれからも大学の教育・研究にご協力よろしくお願いします」と感謝の言葉が述べられました。次に高良文雄理事長より「開学前から住江先生のご尽力があり、今の名桜大学があります。名桜大学博士後期課程での教育・研究においても活躍を期待しています」と激励の言葉が贈られました。
 これを受けて、住江名誉教授から「南米の協定大学調査と開学準備のため、1993年8月に設立準備室に赴任して27年8か月となります。その後南米の協定大学との調印と交流に尽力してきました。今後は、国際社会でも研究の分野でもプリンシプルを措定できる学生を育てていきたいと考えております」と今後の抱負が述べられました。


05.JPG

称号記を手に

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobeよりAdobe Readerをダウンロードしインストールしてご利用ください。
掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

Share!

ページトップへ