沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

最新情報

サッカーJリーグクラブのポルトガル語通訳として採用!村松陸さん

掲載日:2021年3月31日お知らせ , 教育・研究活動レポート

 本学の村松陸さん(国際文化専攻3年次、山梨県立甲府第一高校出身)がサッカーJリーグに在籍する大分トリニータのポルトガル語通訳として採用されました。
 大分トリニータは、1994年4月8日に設立され、「サッカーを通じて、大分の活力に貢献する」という企業理念を掲げています。「活力」には、夢・感動・元気・笑顔・誇りを意味し、人々の交流・経済の活性化・スポーツ文化の醸成に対し、その源となる活力を生み出す一助になりたいという思いが込められています。
 令和3年2月3日(水)、村松さんはポルトガル語研究会の顧問である住江淳司先生(国際文化教育研究学系 教授)と共に砂川昌範学長を訪れ、採用を報告しました。
 報告を行った村松さんは「通訳は幼少期からの夢だったので、とても嬉しいです。住江先生と出会い、ポルトガル語に興味を持ったことで一生の財産となる留学も経験できました。留学経験をしっかりと活かし、チームと共にさらに成長していきたい」と意気込みを語りました。
 砂川学長は「全世界で熱狂的なスポーツであるサッカーを通し、活躍の場を世界へ広げてほしい。キャリアアップを重ねて、大きな実績を創り出してください。プロスポーツ界での益々の活躍に期待しています」と激励しました。

05.JPG

さらなるキャリアアップを目指して

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobeよりAdobe Readerをダウンロードしインストールしてご利用ください。
掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

Share!

ページトップへ