沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

最新情報

古宇利島ビーチクリーンを実施【角谷尚久ゼミ】

掲載日:2020年8月27日お知らせ , 教育・研究活動レポート

 現在、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で観光業が大打撃を受けており、特に、観光産業が大きなウエイトを占める沖縄県はとても厳しい状況に直面しています。そこで、私たち角谷ゼミは、客足の少ない今だからこそ観光業、また、地域に貢献できることは何かを話し合い、古宇利島でビーチクリーンを行いました。ビーチに目立ったゴミ拾いを行うことで、コロナが収束し観光客の方が戻ってきた際に、「やっぱり沖縄の海はきれいだ」と、感じていただき、結果的に観光客が増え、周辺地域への経済効果も見込めるのではないかと期待しています。
 実際に清掃を行う中で、漂流ゴミのみならず、観光客が捨てたとみられるゴミも多く、私たちがイメージしていた美しい古宇利島とは少し違った印象を受けました。だからこそ、ビーチクリーンのやりがいは大きく、結果として70リットルのゴミ袋6個分のゴミを集めることができました。私たちは大きな達成感とともに、継続的な清掃が必要であると感じ、今後もゼミ活動として定期的なビーチクリーンを行うことができればと考えています。
 新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、私たちの行動範囲は制限され、課外活動はますます難しくなっています。しかし、その中でこそ私たちにできることは何かを考え、様々な形で地域貢献活動を行いたいと考えています。

報告:角谷ゼミ 3年ゼミ長 松本 育也(観光産業専攻3年次、愛媛県立新居浜東高校出身)

02.jpg

私たちにできること。ビーチクリーン活動

01.jpg

今後も継続的に清掃します!

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobeよりAdobe Readerをダウンロードしインストールしてご利用ください。
掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

Share!

ページトップへ