沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

最新情報

実用数学技能検定合格 おめでとうございます!

掲載日:2020年2月4日お知らせ , スポーツ健康学科 , 卒業生向け , 受験生向け , 在学生向け , 地域の方向け , 教職員向け , 教育・研究活動レポート , 数理学習センター , 看護学科

実用数学技能検定合格 おめでとうございます!

 2019年12月7日に実施した第348回実用数学技能検定の結果が届きました。今回は、準1級3人、2級5人、2級2次のみ3人の11人が受験し、準1級1次計算技能検定に1人、2級5人、2級1次のみ1人の7人が合格しました。実用数学技能検定準1級は、大学で初めて学習する行列の分野も出題されます。また実用数学技能検定は、1次の計算技能試験と2次の数理技能検定は個別に合否が決定する試験です。本学では3回連続して準1級1次試験に合格という快挙を成し遂げています。合格者は、本学での数学履修後も継続して数理学習センターの講座等を受講し、数学検定対策に励んできた学生たちです。特に今回準1級1次試験に合格した胡仕盛さん(国際学群1年次、中国出身)は、満点合格を果たしました。また、2級に合格した山田光基さん(スポーツ健康学科2年次、宮崎県立宮崎南高校出身)は、数学への興味が尽きず、教科書で基本的な問題から復習を開始し、MSLCからもらった過去問題でさらに努力を重ねるなどして頑張った学生です。

 Society5.0時代に向けて、文部科学省は大学における数理データサイエンス強化を打ち出し、昨今の教育改革の流れは文理を問わず「数学」教育の一層の充実が必要とされています。本学でも、数理系を得意とする学生には、得意分野のさらなる実力向上を目標に、今後も「実用数学技能検定」を奨励し数理系に強い人材の育成に貢献したいと考えています。

 2020年1月20日(月)に合格証書の授与を行いました。代表して2人のコメントを紹介します。

胡仕盛さん(準1級1次合格)
「細部は成否を決定づける。全ては態度次第である。」準1級1次は平均点が合格点に近いので、頑張ったらみんな合格だと思います。2次は結構難しいと思いました。来学期頑張ります。

山田光基さん(2級1次・2次合格)
私は数学が好きですが、大学生になってから数学に触れる機会が減ってきたと思い、数検を受けることにしました。2級は準1級の踏み台なので、この流れで準1級合格に向けて頑張ります。

12.jpg
上段左から 大沢詩音(看) 水谷日向子(看) 糸数有利(看) 西晃人(学) 吉高恵理菜(学) 
下段左から胡仕盛(学) 高安美智子数理学習センター長 山田光基 立津慶幸数理学習副センター長

報告:高安 美智子(数理学習センター長)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobeよりAdobe Readerをダウンロードしインストールしてご利用ください。
掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

Share!

ページトップへ