沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

最新情報

令和元年度後期 新入留学生歓迎会を開催

掲載日:2019年11月25日お知らせ , 卒業生向け , 受験生向け , 在学生向け , 地域の方向け , 教職員向け , 教育・研究活動レポート

令和元年度後期新入留学生歓迎会を開催

 令和元年10月25日(金)18:00~20:00に、学生会館サクラウム6階スカイホールで「令和元年度後期新入留学生歓迎会」を開催しました。今学期はタイ、アメリカ、イギリス、中国、韓国、台湾、ブラジル、ペルー、アルゼンチンから、交換留学生20人、大学院研究生4人、市町村研修生5人の計29人を迎え入れました。
 歓迎会は、まず中山登偉国際交流課長による開会のあいさつと乾杯の音頭で始まり、参加者にお寿司とオードブルがふるまわれました。食事の一つがお寿司だったこともあり、留学生と日本人学生が自国の食文化を教えあうような姿も見られました。
 食事の後は、各国の留学生の紹介があり、MOS(Meio Overseas Students:留学生会)のメンバーから新留学生にお菓子の首飾りの贈呈が行われました。レクリエーションの時間では、フラフープ送りと人間知恵の輪が行われ、参加者は予想以上に真剣に集中して取り組んでいました。レクリエーションタイムは留学生と日本人学生の仲をより深める良い機会になったと思います。
 今回の歓迎会には日本人学生を含め計111人の参加があり、賑やかな会となりました。この歓迎会を機に仲良くなった留学生と日本人学生がさらに交流を深め、互いの言語力や異文化理解の向上につながっていくことを期待しています。

報告:森下彩乃(MOS記録担当、国際学群4年次、大分県立日田高校出身)

01.jpg
親睦を深めました!

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobeよりAdobe Readerをダウンロードしインストールしてご利用ください。
掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

Share!

ページトップへ