沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

最新情報

令和元年度 後学期受入交換留学生21人を受け入れ

掲載日:2019年10月1日お知らせ , 卒業生向け , 受験生向け , 在学生向け , 地域の方向け , 教職員向け , 教育・研究活動レポート

令和元年度 後学期受入交換留学生21人を受け入れ

 令和元年9月27日(金)、協定を締結している海外協定大学からの後期受入交換留学生21人は山里勝己学長を表敬しました。留学生はそれぞれ日本語で自己紹介を行い、「日本語があまり上手ではないので、もっと勉強したい」と留学生活への抱負を語りました。
 山里学長は「名桜大学は国際的な大学として世界の若者を歓迎します。みなさんの挨拶がとても丁寧な日本語で驚きました。これから半年もしくは1年間、美しい自然に囲まれた名桜大学で色々な場所へ行き、楽しみながら学んでください」と歓迎しました。
 9月24日(火)には学生会館SAKURAUMの5階でオリエンテーションが行われました。オリエンテーションでは、国際交流課の中山登偉課長による挨拶と、沖縄県の歴史・文化、気候や台風対策、本学の紹介、各施設の活用方法などが説明されました。また、名護警察署からの講師による交通安全に関する講義も行われ、留学生は自国と日本の交通ルールの違いを学びました。
交換留学生21人は、今後半年もしくは1年間、本学で日本語などを中心に学びます。

留学生内訳2019年度後学期

山東大学(中国出身2人)
メーファールアン大学(タイ出身1人・中国出身3人)
開南大学(台湾出身3人)
大仁科技大学(台湾出身4人)
明知大学(韓国出身2人)
済州大学(韓国出身1人)
サイアム大学(タイ出身3人)
セントラルランカシャー大学(イギリス出身2人)
サウスイーストミズーリ大学(アメリカ出身1人)

01.jpgこれから半年・1年間よろしくお願いします!

02.jpg
オリエンテーションの様子

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobeよりAdobe Readerをダウンロードしインストールしてご利用ください。
掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

Share!

ページトップへ