沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

最新情報

男女バレーボール部が優勝!2019年度天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権沖縄県ラウンド

掲載日:2019年7月5日お知らせ , スポーツ健康学科 , 卒業生向け , 受験生向け , 在学生向け , 地域の方向け , 教育・研究活動レポート

男女バレーボール部が優勝!2019年度天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権沖縄県ラウンド

 令和元年6月29日(土)、30日(日)に行われた2019年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権沖縄県ラウンドにおいて本学男女バレーボール部が優勝しました。男子バレーボール部は初優勝、女子バレーボール部は4年連続5度目の優勝となります。
 令和元年7月3日(水)、学生課会議室において優勝報告会が行われ、男女バレーボール部選手及び関係者が池原秀人学生部長に優勝報告を行いました。
 報告会では男子バレーボール部を代表して主将の東桂木聖真さん(スポーツ健康学科3年次、鹿児島県立国分高校出身)が「決勝戦では社会人チームと対戦し、経験値の違いで苦戦しましたが、少ないチャンスから得点でき、我慢するバレーを継続し勝利することができました。九州大会は初出場ですが、凡事徹底をテーマに、まずは初戦を突破したいです」と、女子バレーボール部を代表して主将の具志堅萌子さん(観光産業専攻3年次、沖縄県立西原高校出身)が「新チームになって初めての公式戦でした。大会期間中、怪我人が出る中でチーム一丸となって戦った結果、優勝できて嬉しいです。九州大会では、今よりレベルアップしたチームを作り、自分たちのバレースタイルで一勝でも多く勝ち進みたいです」とそれぞれ抱負を述べました。
 報告を受けた池原学生部長は、「優勝おめでとうございます。監督、コーチ、選手の皆さんの頑張りがこのような結果につながったと思います。大学としても今後も継続して支援していきたいと考えていますので、これからも頑張ってほしいと思います。九州大会での活躍を期待しています」と激励しました。
 男女バレーボール部は、全国大会の出場権を懸けて鹿児島県で9月に開催される九州大会に出場します。

02.jpg男女バレーボール部選手、関係者一同

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobeよりAdobe Readerをダウンロードしインストールしてご利用ください。
掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

Share!

ページトップへ