沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

最新情報

名護警察署と犯罪の起きにくい社会づくりに関する協定を締結

掲載日:2018年12月25日お知らせ , 教育・研究活動レポート

名護警察署と犯罪の起きにくい社会づくりに関する協定を締結

 平成30年12月20日(木)、名桜大学と名護警察署は、「犯罪の起きにくい社会づくりに関する協定」を締結しました。この協定は、両者の相互理解による高い信頼と協力関係に基づいたもので、文字どおり犯罪の起きにくい社会づくりの実現を目指すことを目的としています。協定締結式は同日、名護警察署で行われました。
 締結式では、多くの関係者が見守る中、山里勝己学長、山田聡名護署長が協定書に署名を行いました。署名後、山田署長は、「協定を締結することができ嬉しく思います。本協定を活かし、地域の防犯意識を高めるために大学と連携し、地域の治安を維持していきたい」と挨拶しました。続いて、山里学長は、「学生が安心して勉学に励む環境づくりは、大学の使命であります。この使命を果たすために、名護警察署の皆さんと協力しながら学生が安心して学べる環境づくりに努めていきたい」と述べました。
 協定締結式終了後には、各種イベントなどで警察広報啓発活動を通して、子どもや女性への犯罪防止を目的とした「ヤンバルちゅらさんガールズ」の委嘱式が行われ、本学応援団チアリーディング部へ委嘱状が手渡されました。
 委嘱を受けた本学応援団チアリーディング部を代表して髙橋真央さん(スポーツ健康学科3年次、岐阜県立岐山高校出身)は、「私たちは笑顔と元気には自信があります。これからも、大学生らしく活動し、地域のために頑張っていきたい」と抱負を語りました。

01.jpg協定書に署名を終えて(左から山里学長、山田署長)

02.jpg
委嘱を受けた応援団チアリーディング部

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobeよりAdobe Readerをダウンロードしインストールしてご利用ください。
掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

Share!

ページトップへ