沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

最新情報

伊平屋村における地域高齢者への介護予防のための運動指導を実施

掲載日:2018年11月1日お知らせ , スポーツ健康学科 , 教育・研究活動レポート

伊平屋村における地域高齢者への介護予防のための運動指導を実施

 神谷ゼミを中心とする「Meioフィットネスサポート」のメンバーは北部広域市町村圏事務組合による地域貢献活動支援金を活用し、「伊平屋村における地域高齢者への介護予防のための運動指導」を実施しました。平成30年9月25日、26日に伊平屋村を訪れ、1日目は田名公民館、2日目は伊平屋村高齢者生活福祉センター「とらず園」にて、運動指導を行いました。メンバーの中には、将来、健康運動指導士など運動指導をしたいと考える学生が多いこともあり、積極的にこの活動に参加しました。
 今回の活動は学生が主体となって企画しており、運動指導の流れや時間配分など自分たちで考え実践しました。高齢者個人の運動レベルも様々なので、現地に行くまではどれくらいの運動レベルが適切か分かりませんでした。そのため、様々なレベルの人に合わせれるようにいくつかのパターンのプログラムを用意していました。運動の内容は、脳の活性化を促すトレーニングや「ちゃーがんじゅう体操」など全身を使った運動を行いました。参加者と学生がコミュニケーションをとりながら楽しく活動することができました。
 今回のような運動指導は初めてだったので、声掛けもぎこちなく、もっと盛り上げられるような工夫が必要だと感じました。次回は、今回の運動指導で学んだことを活かして、より良いプログラムを提供できるようにしていきたいと思います。

新城さき(スポーツ健康学科3年次、名護高校出身)

 神谷ゼミを中心とする「Meioフィットネスサポート」では、健康運動指導士や健康運動実践指導者の資格取得を目指す学生が多く、運動指導のスキルだけでなく、地域住民とのコミュニケーションのスキル向上を目的として、地域現場に出向いて様々な活動を行っています。今回の取り組みは、地域貢献活動支援金を活用させていただき、伊平屋村社会福祉協議会と連携し実施したものです。参加した学生は、一生懸命プログラムを考え、堂々とした態度で指導を行っていました。まだまだ課題は多いですが、貴重な経験をさせていただきました。活動の機会を与えていただいた北部広域市町村圏事務組合と伊平屋村社会福祉協議会の皆さまにこの場を借りてお礼申し上げます。

指導教員 神谷義人(スポーツ健康学科 助教)

a_02.jpg
運動指導を行う学生。とらず園にて

a_01.jpg
運動指導を終えて。参加者の皆さんと

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobeよりAdobe Readerをダウンロードしインストールしてご利用ください。
掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

Share!

ページトップへ