沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

最新情報

平成30年度後期交換留学生20人を受け入れ

掲載日:2018年10月9日お知らせ , 学事報告

 平成30年9月25日(火)、海外交流協定大学からの交換留学生20人は、山里勝己学長を表敬しました。留学生はそれぞれ日本語で自己紹介を行い、これから始まる留学生活への抱負を語りました。
 山里学長は「最初、留学生活はとても大変だと思いますが、だんだんと慣れてきます。困ったことがあれば、いつでも相談してください。様々な国から本学へ来てくれて本当にうれしく思います。本学でしっかりと自分の学びたいことを学習してください」と歓迎しました。
 交換留学生20人は、今後半年あるいは1年間本学で日本語などの授業を中心に学びます。

01.jpg

山里学長を囲んで。受入交換留学生一同

【交換留学生の声】

02.jpg 「人とのつながりを大切に」
 彭婉鈴(ホウエンリン)さん(台湾・開南大学)
 沖縄は自然豊かで、東京や大阪に比べて生活がゆっくりとしている感じがします。そういう部分が少し台湾に似ていて、落ち着きます。留学前は不安でいっぱいでしたが、大学の先生や学生、職員の方も親切な人ばかりで安心しました。他の留学生とは、母国語が違っても日本語を通じて、少しずつ仲良くなれてとても嬉しいです。人とのつながりを大切にして、日本でできた友達に自分の母国である台湾を紹介したいです。日本語学習はもちろん、興味のある観光についてもしっかり学びたい。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobeよりAdobe Readerをダウンロードしインストールしてご利用ください。
掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

Share!

ページトップへ