沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

最新情報

第64回全国国公立大学選手権水泳競技大会結果報告

掲載日:2017年8月23日お知らせ , 教育・研究活動レポート

 平成29年8月17日(木)、水泳競技部の平野貴也監督(スポーツ健康学科教授)、鹿子生絢太主将(スポーツ健康学科4年次、熊本県・九州学院高校出身)、知念七星選手(スポーツ健康学科4年次、沖縄県立那覇高校出身)、井上天心選手(スポーツ健康学科1年次、沖縄県立那覇西高校出身)が山里勝己学長を訪れ、8月11日(土)・12日(日)に福井県敦賀市総合運動公園プールで開催された第64回全国国公立大学選手権水泳競技大会の結果報告を行いました。
 主な結果として、女子個人競技では、西原綾香選手(スポーツ健康学科1年次、沖縄県立浦添高校出身)が100m平泳ぎで8位、知念七星選手が400m個人メドレーで7位に入賞しました。また、女子リレーでは、200mフリーで6位、400mフリーで7位、400mメドレーで6位になり、女子団体総合8位の成績を収めました。
 選手たちは、大会を終えて「リレーで決勝に残るという自分の目標を達成できました。来年新たなメンバーも加え、団体だけでなく、一人でも多く入賞できるよう頑張ってほしい(知念)」「今回活躍できませんでしたが、来年入ってくる新しいメンバーと共に頑張っていきたい。少しでも多く名桜大学の名前が入賞できるようトレーニングや練習に励みたい(井上)」「引退後も女子の結果に続いていけるよう個人的に練習していきたい(鹿子生)」などとそれぞれ決意を語りました。
 最後に、山里学長は「女子団体総合は8位、公立大学の中で1位という結果は、大変素晴らしいことです。自信を持って、来年も頑張ってほしい」と選手たちの背中を押しました。

賞状を手に。

(前列左から山里学長、知念選手、平野教授、後列左から鹿子生主将、井上選手)

競技結果
【女子個人】

嘉手納夏海(スポーツ健康学科2年次、沖縄県立那覇西高校出身)

   ・50m自由型予選【13位】27秒95

西原綾香(再掲)

   ・100m平泳ぎ決勝【8位】1分17秒20

   ・200m平泳ぎ予選【14位】2分47秒96

知念七星(再掲)

   ・200m個人メドレー予選【10位】2分31秒05

   ・400m個人メドレー決勝【7位】5分21秒74

佐藤眞子(国際学群2年次、岩手県・盛岡中央高校出身)

   ・200m個人メドレー予選【11位】2分33秒44

   ・400m個人メドレー予選【10位】5分31秒03

【女子リレー】

200mフリーリレー決勝【6位】1分51秒83

  (嘉手納夏海、西原綾香、佐藤眞子、知念七星)

400mフリーリレー決勝【7位】4分07秒22

  (佐藤眞子、西原綾香、知念七星、嘉手納夏海)

400mメドレーリレー決勝【6位】4分38秒84

  (嘉手納夏海、西原綾香、知念七星、佐藤眞子)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobeよりAdobe Readerをダウンロードしインストールしてご利用ください。
掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

Share!

ページトップへ