沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

最新情報

広報誌47号

掲載日:2016年3月1日言語学習センター

学生支援推進プログラム/先輩・後輩コミュニティを基本とする学生支援センターの構築

言語学習センター(LLC)とは

 利用者の言語サポートをはじめ、学生の自主学習を促進するための「外国語を学ぶ最良の場」として2001年に設立されました。利用者だけでなく、センターで働くチューター(学生アルバイト)の教える技術やリーダーシップの育成のためにCRLA*(College Reading and Learning Association)証明書取得システムも導入(2001年)されており、教授法のトレーニングを受けたチューターが学生のサポートを積極的に行っています。ぜひ、一度LLCに足を運んでみてください。 楽しいチューター達がお待ちしています。

※CRLA認定校は名桜大学が日本で初めてです


プロジェクトの紹介


 各チューターは、任期の間にプロジェクトを一つ行います。内容は、LLCのホームページをアップデートするものから、学生に向けたワークショップ開催まで様々です。一人一人のチューターが工夫を凝らし、バラエティに富んだプロジェクトの内容になっています。 今期は例年より多く、5種類のLLC運営に関わるプロジェクト、5種類のワークショップが実施されました。ここでは、3つのワークショップを紹介します。

日本語勉強会
私たちのワークショップ、日本語勉強会(Japanese Study Group)は留学生を対象として日本語の勉強のために企画しました。特に日本語能力試験(JLPT)や日本語授業の試験の勉強をサポートしました。日本語能力試験の問題や日本語の授業中に使っている「みんなの日本語」という教材を活用しました。そして分からない部分や質問を気軽に聞ける雰囲気を作りました。ワークショップに参加した学生は最大6人で、6回、留学生センターの3階で行いました。短い間でしたけど、ワークショップに参加した学生に役に立ったらいいと思います。
担当:白 承愛、小野寺 レオナルド

Taiwan文化交流

 你好!台湾からの留学生と台湾に1週間滞在した経験がある日本人で、台湾の文化、観光、食事、言葉を中心にワークショップを行いました。台湾は沖縄から1時間ちょっとで行くことができます。日本と似ている点も多いですが、日本にとっては海外であることには変わりません。このワークショップは、台湾について、台湾人と日本人の双方の視点を取り入れて行うことで、参加者の方にはより身近に台湾を感じてもらえたと思います。参加者の中で、このワークショップをきっかけに、実際に台湾に行く人がいたらいいなと思います。

担当:徐郁淳、川名友明


英検2級対策講座

 11月11日から計6回、毎週水曜日3限に「英検2級対策講座」として、ワークショップを開きました。LLCで利用できる教材を参考にし、語彙、文法、長文、リスニング等、参加者の英語力の向上や、英検2級合格へ近づくためのサポートをしました。全ワークショップを終え、参加者からは、「点数を上げることができ、良かった」「さらに勉強し続けたい」等の感想がありました。私自身初めてワークショップを開いたので、タイムマネジメントや、ワークショップの宣伝方法等、難しいことが沢山ありましたが、参加者の皆さんと一緒に勉強できて楽しかったです!ありがとうございました!また次回ワークショップを開くときは、今回の改善点を生かしていきたいです!

担当:照屋奈穂

CRLAプロジェクト発表会のを開催

 平成28年1月27日(水)、SAKURAUM6階のスカイホールBにてCRLAプロジェクト発表会を開催しました。今学期は合計10種類のプロジェクトの企画及びその成果について、各担当のチューターより発表がありました。発表会には、30人以上もの方々が参加してくださり、チューター一同気を引き締めて発表に望むことができました。今回発表を見に来てくださった関係者及び教職員の方、学生の皆さん、本当にありがとうございました。

担当者の一言

 国際学群2年次の橋本圭一朗です。27年度後期のLLCも、利用者の皆さんのおかげで様々な場面で賑わうことができました。たくさんのご利用ありがとうございます!これからもぜひ気軽にLLCをご利用ください。チューター一同お待ちしております!

橋本圭一朗(国際学群2年次、静岡県・静岡北高校出身)


PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobeよりAdobe Readerをダウンロードしインストールしてご利用ください。
掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

Share!

ページトップへ