沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

看護学研究科(看護学専攻)学群・学部/専攻科/大学院

看護学研究科は、健康問題を創造的に解決できる専門性の高い看護実践能力と教育研究能力を有する人材を育成します。

本学は、沖縄県北部12市町村の「公設民営」の大学として設立され、平成22年4月、北部広域市町村圏事務組合を設立団体とし、公立大学法人に移行した経緯から、教育・研究の両分野において沖縄県北部地域との連携が重視されています。
北部12市町村は、過疎化、山間へき地、離島を含む広大な地域であり、医療機関や療養施設・医療人材の慢性的な不足、医師不在による産科病棟の休診、妊産婦の低い受診率、山間へき地の孤立した育児環境、生活習慣病の増大、心を病む人の増加、救急医療や在宅療養資源(サービス)の不足など人々の健康を守るには多くの課題を抱えています。一方、長い歴史の中で、「ちむぐくる」や「ゆいまーる」という沖縄特有の相互扶助の精神が息づいており、恵まれた自然の中で医食同源の生活を送ってきた長寿の人々が多く暮らす地域でもあります。しかしながら、健康長寿社会を支えてきたこれらの地域の歴史や文化が失われつつあり、住み慣れた地域でその人らしい生活を再構築できるように支援するかかわりは重要になります。上記の課題を解決・支援できる高度な専門的技能を持つ看護実践者、教育者・研究者を養成することを目指し、看護学研究科を設置いたしました。
本研究科は、名桜大学の建学の精神である「平和・自由・進歩」を踏まえ、生命の尊厳と人権を尊重し、擁護する倫理観と豊かな幅広い人間性を培うとともに、その人がその人らしく生きられるように、沖縄のケアリング文化に根ざしたケアを提供できる看護職者を育成します。
また、保健・医療・福祉を統合的に捉え、社会のニーズに対応し、地域社会および国際社会に貢献しうる実践能力のある健康支援人材を育成することを目標に、沖縄の歴史やケアリング文化を基盤として、地域の健康問題を創造的に解決していく看護実践能力の育成とグローバルな視野で看護の新たな価値の創出を目指した教育・研究能力を育成することを教育理念とします。

健康長寿社会を支える文化、精神を看護学科として体系化

  • 沖縄特有の「ゆいまーる」という
    相互扶助の精神
  • 恵まれた全の中で
    医食同源の生活
  • 「ちむぐくる」
    の精神
沖縄県北部12市町村「医療・保健の課題」
  • 医療機関や療養施設、医療人材の慢性的な不足
  • 医師不在の産科病棟の休診
  • 山間へき地の都立した育児環境
  • 救急医療や在宅療養資源の不足
  • 高齢者の介護問題
  • 生活習慣病の増大
  • 妊産婦の低い受診率
  • 心を病む人の増加
高度な専門技能を持つ看護実践者、研究者・教育者の育成
養成する人材像

本研究科は、地域に根差し地域の健康問題を創造的に解決していく卓越した看護実践能力の養成と看護現象の解明を目的とした研究能力の開発、看護の新たな価値の創出を目指し、高度専門職業人及び教育・研究者の養成を目的としています。

  1. 高度専門職業人の養成
    地域の看護需要に対応して問題を解決するための指導的役割を果たす看護実践のリーダーを養成します。
  2. 教育・研究者の養成
    ケアリング文化に根ざした看護教育を探求する教育者及び研究者を養成します。
教育目的

名桜大学大学院看護学研究科修士課程では、修士課程の理念を踏まえ、地域の健康問題を創造的に解決していく専門性の高い看護実践能力と看護の教育、研究能力を有する人材を育成し、保健・医療・福祉の質的充実・向上を目指すことを目的とします。

教育目標
  1. 科学的思考と倫理的・文化的感受性に基づいた判断力・問題解決能力を備えた看護職者の育成
  2. 保健・医療・福祉分野における他職種及び市民と協働できる調整能力を備えた看護職者の育成
  3. 地域の特性を踏まえ、住民の保健医療ニーズに応えうる看護職者の育成
  4. 生涯学び続ける看護職として、看護学の専門性を探究する看護職者の育成
  5. グローバルな視野で看護の役割を創造する能力を備えた看護職者の育成
修了後の進路本研究科修了後の主な就職先
医療・福祉
  • 公益社団法人 北部地区医師会病院
  • 社会医療法人 仁愛会 浦添総合病院
  • 独立行政法人 国立病院機構 琉球病院 など
教育・研究者
  • 公立大学法人 名桜大学人間健康学部看護学科
  • 北部地区医師会 北部看護学校 など
入学者選抜の概要

入学定員:6名

アドミッション・ポリシー

看護学研究科の教育目標を達成するために、本研究科に入学を希望する人には以下のことを求めます。

  1. 看護学の発展に向けて、自ら進んで取り組む意欲と探求する姿勢を持っていること。
  2. 多様化・複雑化・高度化する看護ニーズに応えるため、高度な知識、看護実践能力および研究能力の習得を目指していること。
  3. 看護実践・教育・研究を通して地域社会や国際社会に貢献する意思を持っていること。
  4. 本研究科教育課程で学ぶために必要な基本的知識・技能を有していること。
社会人も学べる教育環境

現職の看護師や保健師等の社会人が仕事を続けながら学修できる教育環境を整備しています。

昼夜開講制を導入

社会人学生の事情を考慮して、昼間に加えて、平日の夜間や土曜日、休日、夏季休暇中の授業及び研究指導を受けることができる教育環境を整備しています。

長期履修制度を導入

長期履修制度を活用すると、2年間の学費で3年間在籍し、計画的に履修することができます(社会人のみを対象)。

施設の夜間利用

看護棟図書室は、大学院生の修学時間に合わせて、平日は22時まで、土曜日は12時から18時まで開館しています。また、大学院生専用の研究室・共同演習室を整備しています。

ディプロマ・ポリシー卒業認定・学位授与方針

看護学研究科は、以下の能力を身につけた大学院生に修士(看護学)の学位を授与します。

  1. 科学的思考と倫理的・文化的感受性に基づいた研究能力
  2. 地域社会や看護の課題に取り組み、看護学の専門性を探求する生涯学習力
  3. 地域の特性を踏まえ保健医療ニーズを分析し、多職種と協働し看護を実践する能力
  4. グローバルな視野で、看護の役割を創造する能力

カリキュラム・ポリシー教育課程編成・実施方針

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与方針)であげた能力を育成するため、以下の方針に沿ってカリキュラムを編成します。

  1. 看護専門職として実践・研究を遂行するにあたり、基盤となる批判的・論理的思考力を育成するために、共通必修科目と共通選択科目を配置する。
  2. 看護実践および研究の質の向上に資する専門科目を配置し、志向する専門分野(基盤看護学分野、臨床看護学分野)における看護学の専門性を探求する能力を育成する。
  3. 研究方法、研究デザイン、研究計画等、研究に必要な基礎を修得する演習科目(専門演習)および修士論文を作成する研究科目(特別研究)を配置する。
  4. 修士論文の中間評価を行うとともに、修士論文審査に合格することを修了の条件とする。
基盤看護学分野
看護教育学領域

看護職者個々人のキャリア発達過程に応じた支援方法の開発

看護教育学領域では、生涯にわたり学び続ける、成長し続ける看護職者への支援について教育・研究を行っています。我が国の看護学教育をとりまく社会や世界の動向を踏まえながら看護学の基礎教育、ならびに卒後・継続教育の現状と課題を理解し、看護学生を含む看護職者1人ひとりのキャリア発達過程に応じた関わりができる専門職者として、臨床現場・教育現場で活躍できる人材育成を目指しています。
看護教育学領域では、看護基礎教育・卒後教育・継続教育の前提となる看護教育学の理論に加え、関連学問領域の理論・主要概念を学修します。
ディスカッションやプレゼンテーションを通して、看護の質を高めるための看護職者への教育的働きかけ、教育環境づくりなど、効果的な卒後・継続教育を実施していくために必要な知識や理論・技術について探究します。
沖縄本島北部・やんばるの豊かな自然とケアリング文化を育んできたこの地で、さらなるケアリングマインドを育み、看護の対象となる人々を生活者の視点で捉え、その人らしい人生を支える看護実践が期待されています。看護教育に興味のある方、自己教育力を高めたい方、看護職者の学習支援、キャリア開発について一緒に学びませんか。

国際看護学領域

多分化共生社会における看護職の役割と可能性を追求

国や地域を越えた自然環境の変化や災害、貧困、あるいは共通した新しい健康問題が次々に発生する社会の中で、看護職の役割が拡大してきています。また日本に暮らす外国人が200万人を超え、渡航する日本人や訪日する外国人が増加する中、異なる文化背景をもつ人々の多様なニーズを尊重した看護ケアが出来る人材が求められるようになりました。
国際看護学領域では、そのような状況をふまえて、国内・国外にかかわらず医療・保健・看護の現状を理解し、人々の健康を維持・増進するための看護職の課題について検討します。
さらに開発途上国の社会背景や文化を踏まえた国際協力活動のありかたについて探求します。
多文化共生社会における看護職の役割と可能性について考察し、実践・研究することができる人材の育成を目指します。

臨床看護学分野
がん看護学領域

がん看護のケア向上に向けたエビデンスの開発

がんは我が国における死因の第1位であり、その割合は3.5人に1人が死亡している現状にあります。一方、医療の進歩や早期発見・早期治療により全悪性新生物の5年生存率は58%を超え、今やがんは慢性疾患として位置づけられています。このような中、がんと共生し、より積極的に生きるという意味をもつがんサバイバーという新たな概念が生まれ、がんを体験された方およびその家族のQOLやケアの向上が求められています。
がん看護学領域では、がんの診断時期から終末期までがんとともに生きる人々とその家族の体験を広い視野から理解し、全人的ケアを実践するための土台となる理論や概念を探求していきます。さらに、がん対策基本法をはじめ国の施策と動向および社会的ニーズを踏まえ、がん看護に求められる援助方法と課題解決の方略を最新の研究から探求し、エビデンスの開発に取り組みます。
がんを体験された方とその家族、遺族に対するケアの向上に向けた研究に一緒に学びませんか。

高齢者看護学領域

文化を踏まえた高齢者看護の発展

少子高齢社会において老年期を生きる人々の豊かで幸せな老いについて評価し実践できることは重要です。高齢者を生活者としてとらえ、高齢者のセルフケア能力やQOLを維持・向上するうえでの研究を文化的視点から取り組んでいます。
認知症ケアにおいては、症状の発生・増悪の緩和因子の検討や住み慣れた地域を拠点とした地域住民で創るケアの検討、施設での環境配慮要因の検討、ストレングスを活かしたケア、また、地域で生活する高齢者の閉じこもりの予防、高齢者の会話と睡眠との関連など、ディスカッションし研究に結びつけています。
沖縄の文化的視点から高齢者の方々とそのご家族のケアに反映できるようにエビデンスを構築し、質の向上に向けた研究を一緒に行いたいと思います。

母性看護学領域

母子と女性の健康エキスパートの養成

母性看護学領域では母性看護学の既存の理論を踏まえ、各ライフステージにある女性や周産期における母子および家族の健康問題・課題をアセスメントし、その課題を解決するための看護実践方法、理論、研究方法を学びます。その対象としては、将来出産を迎える思春期女性、妊産褥婦、更年期女性等であり、その課題を把握し、根拠に基づいた効果的な援助法を開発していきます。
さらに、沖縄の各地域の出産、育児の歴史についても探求し、若年妊婦や助産をめぐる事例の検討を通して母性看護の今日的課題を明確にし、論理的に研究仮説を立て、それを立証する方法を学習します。
その上で母性看護に必要な課題解決のための方法とケア開発について探究します。
研究テーマとしては、思春期の子どもたちの支援に関する研究、周産期の看護と社会保障分析、地域(離島を含む)における助産師活動に関する研究、沖縄のケアリング文化と女性の健康に関する研究、母乳に関する研究、周産期における助産ケアに関する研究、助産活動と医療連携体制に関する研究、助産学全般に関する研究等があります。
これまで蓄積した助産・看護に関する能力を整理し、新たに力を発揮するために必要なスキルを、一緒に学びませんか。

精神看護学領域

臨床の課題の探究から精神看護学の発展に向けて

精神看護学領域では、様々な精神的健康課題を持つ個人や家族のより健康的で高いQOLを実現することにつながる実践研究・教育を行うこと、そして、多面的に分析し、倫理的・文化的感受性をもった専門職として、将来、臨床・教育で活躍できる人材を育成することを目指しています。複雑で解決困難な精神的健康問題を持つ急性期又は慢性期にある人とその家族への看護実践について探究します。
本領域では、院生の皆さんとのディスカッションを通して、根拠のある看護実践を確立していくための科学的思考能力を養いたいと考えます。
主な研究テーマとしては、精神障害者のセルフケア支援に関する研究、精神障害者の家族支援に関する研究、長期入院患者の在宅生活への移行支援に関する研究、看護師のメンタルヘルスおよび職場暴力に関する研究、看護師の倫理的ジレンマに関する研究、精神障害者への有効な看護技術の開発としてケア技術の探求、精神看護教育に関する研究などが例として挙げられます。これまでの実践を整理したい、自分自身の成長のために頑張ってみたい、研究する力をアップしたい、それぞれの夢の実現に向けて、私たちと一緒に学びませんか。

在宅看護学領域

沖縄県の在宅看護の発展のために

在宅看護学領域では、在宅での生活(暮らし)を支援する看護の役割と福祉の連携を目指し、社会福祉の立場からの在宅看護学への課題を探究します。また、沖縄県北部の地域特性や終末期の在宅看護の実際を学び、倫理的判断、臨床判断に基づき、健康課題を解決するための看護の役割を探究していきます。在宅看護領域では、教員の研究課題に関連して、講義と現地のフィールドワークが特徴です。「地域における看取りの文化と在宅看護活動」「伊平屋村での島嶼部の保健師活動」「沖縄の路上生活者の健康相談活動」など、地域で暮らす人々の在宅看護領域の看護の現状と課題を学びます。
さらに、在宅看護学領域を選択した学生は、病態生理学と包括的健康アセスメントの科目も履修しています。研究能力を高めるだけではなく、看護実践能力を高めるためのリカレント教育も目指しています。
現在、2名の院生が在籍し、県内に住む外国人を対象とした在宅看護(介護)に関する現状と課題に関する調査等を行なっています。沖縄をキーワードに、様々な視点で在宅看護の可能性と看護の役割を探究しています。仕事と家庭と勉学の3つを達成するのは大変ですが、私たちも院生の皆さんと一緒に頑張っていきたいと思っています。ぜひ名桜の研究科で一緒に学びましょう!

病態生理学領域

病態生理を基盤とする看護実践

病態生理学領域では正常な機能がどのように破綻して異常が起こるかというメカニズムについて学習し、異常の種類と程度を知るための検査や診断の方法を学びます。個々の疾患にとらわれるのではなく、患者の全身状態をバランスよく観察できることが、適切な看護の基礎となることを理解します。病態に特有な身体所見のメカニズムとフィジカルアセスメントの方法を理解し、シミュレーターなどを用いて実践できるようにトレーニングします。侵襲性の少ない測定装置を用いて各種生理機能を測定し、フィジカルアセスメントで得られた結果を評価します。
さらに興味ある病態を選んで疑問点を解決するための方法を自ら立案し、実際の測定データを用いて評価し、病態の理解を深めます。健康状態の維持が困難な患者への理解を深め、どのような援助が身体機能をより正常な状態に戻すことが出来るかということを自ら考え、対策を立て、さらにそれを如何にして実行に移せるかを国内外の最新の文献等を渉猟しながら研究を行います。病態生理学的アプローチを修得し、看護実践の場で教育指導できる人材の育成することを目標に指導を行っていきます。

授業科目
科目区分授業科目の名称配当
年次
単位数修了要件
必修選択
共通科目 共通必修科目 看護理論 1 2 - 必修科目3科目6単位を履修すること
看護学研究方法論 I 1 2 -
看護学研究方法論 II 1 2 -
共通選択科目 沖縄のケアリング文化 1 - 1 4科目8単位以上履修すること。うち4単位は、国際文化研究科の共通科目や教育研究領域科目から履修することができる。
看護教育学 1 - 2
看護倫理学 1 - 1
看護管理学 1 - 2
コンサルテーション論 1 - 2
ヘルスプロモーション論 1 - 2
包括的健康アセスメント 2 - 2
健康栄養学 1 - 2
病態生理学 1 - 2
英語講読 1 - 2
専門科目 基盤看護学分野 基盤看護学特論 I 1 - 2 基盤看護学分野または臨床看護学分野のいずれかを選択し、特論I及び特論IIの2科目4単位以上履修すること。
基盤看護学特論 II 1 - 2
臨床看護学分野 臨床看護学特論 I 1 - 2
臨床看護学特論 II 1 - 2
演習・研究科目 専門演習 1 4 - 専門演習4単位、特別研究8単位を履修すること
特別研究 2 8 -

修了要件の30単位のうち、共通選択科目の4単位は、国際文化研究科の共通科目や教育研究領域科目から履修することができる。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobeよりAdobe Readerをダウンロードしインストールしてご利用ください。
掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

Share!

ページトップへ