公立大学法人名桜大学

 

 
DEPARTMENT OF NURSING
看護学科

 

日本初の参画型看護教育課程導入
自己・他者・地域との対話による自己教育力の育成
地域及び国際社会に貢献する看護専門職者の育成


看護学科棟 看護学科の教育理念は、大学の基本理念でもある「平和・自由・進歩」を踏まえ、生命の尊厳と人権を尊重し、擁護する倫理観と豊かな幅広い人間性を培うとともに、その人がその人らしく生きられるように、ヒューマンケアを提供できる高度医療を担う質の高い看護職者を育成することです。また、保健・医療・福祉を統合的に捉え、社会のニーズに対応し、地域社会及び国際社会に貢献しうる実践能力のある健康支援人材を育成します。そのために、看護学科では人間をホリスティックに理解することを最大の特徴とし、人間が生きることの意味や人間のこころとからだの理解を基盤として、健康に関わる専門知識を統合的に習得します。また、健康の保持、増進の方策を科学的、総合的に明らかにし、『市民参画型の健康づくりを支援する専門職』の育成を目指します。

【市民が主人公となる医療の場を創出する教育】
21世紀は患者がPatient(我慢する人)ではなく、Person(健康に生きる人)でなければならないと考えています。このような患者中心の看護を真に実現するのが参画型看護教育です。
これからの時代、看護職は市民と協働して健康を回復し、平和と希望の中で生きることができるように保健・医療・福祉の場において市民の健康に生きる権利の擁護者として活躍することが期待されています。このような時代において、創造的に活躍できる自己教育力の高い看護専門職者を育成します。

 
カリキュラムポリシー

看護学科では、その教育理念(参画型看護教育)に基づき専門性をもった健康支援人材( 看護師、保健師、養護教諭)を育成するため、以下のような方針に基づいてカリキュラム(教育課程)を編成しています。

平成27年度入学者から看護学科において「養護教諭一種免許」を取得することはできません。ただし、「保健師国家試験受験資格」の取得者については、卒業後、保健師 免許取得後、申請により条件を満たすことができれば「養護教諭二種免許」を取得することができます。

1.広範で多様な基礎的知識と基本的な学習能力の獲得のため、すべての学生が履修する全学共通教養教育として、共通コア科目( アカデミックスキル科目、ライフデザイン科目、思想と論理、沖縄理解科目、健康・スポ ーツ科目)、外国語科目、国際理解科目、人文科学科目、社会科学科目、自然科学科目、情報処理科目を設置する。
2.看護学の基盤となる専門的な知識を体系的に学ぶために、「人間の理解」、「健康の理解」、「環境の理解」の枠組みで専門基礎教育科目を設置する。
3.看護学の専門性を探求するために、「基礎看護」、「成人看護」、「母性看護」、「小児看護」、「高齢者看護」、「精神看護」、「地域看護」、「総合看護」の分野ごとの専門教育科目を設置する。
4.知識の活用能力、批判的・論理的思考力、課題探求力、問題解決力、表現力、コミュニケーション力など、社会生活において必須となる汎用的な能力を育成するために、初年次の教養演習Ⅰ~Ⅱ、3年次のグループでの演習など、4 学年を通して学生 主体、住民参加型の少人数教育を実施する。
5.ケアリング・マインドを育成するために、初年次に、沖縄県北部地域のフィールドワークを行い、地域住民の協力の元、地域の歴史や文化を学び、健康課題を探求するケアリング文化実習を実施する。看護の基盤となるケアリング・マインドの育成は 、全ての専門教育科目の教育目標として位置付けられており、参画型看護教育の教育目標でもある。
6.看護実践能力の育成のために、講義・演習を経て、初年次より体系的に臨地での実習を実施する。
7.獲得した専門知識や看護技術を統合し、問題の解決と新たな価値の創造につなげていく能力や態度を育成するために、4年次に看護研究と総合実習を実施し、丁寧な個別指導を行う。


看護学科カリキュラム(2016年度入学者適用)

看護学科カリキュラム(2015年度入学者適用)

看護学科カリキュラム(2014年度入学者適用)

看護学科カリキュラム(2013年度入学者適用)

看護学科カリキュラム(2012年度入学者適用)

看護学科カリキュラム(2011年度入学者適用)
 

三つの力に注目!
人間をホリスティックに理解する力
看護学科看護学科


人間が健康に生きる意味を理解する為に、食・栄養・運動・心理・社会・福祉・保健・医療に関する専門知識を学び、人間を全体的にとらえる看護師・保健師を目指します。

 

生涯学び続ける力
看護学科ゼミ看護学科


自分や他者との対話、社会との対話を通して自己評価能力を身につけ、生涯にわたり成長し続ける看護師・保健師を目指します。

 


市民参画型健康づくりを支援する力
看護学科看護学科


学生、教員、職員そして地域の人々が協働参画による学びの「場」づくりを目指します。参画型看護教育により市民が主人公となる保健・医療・福祉の場を創造します。

 

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

 看護学科では、4年間にわたる「講義」「演習」「実習」での学びや、看護研究論文等の作成を通して、知識の活用力、批判的・論理的思考力、課題探求力、問題解決力、表現力、コミュニケーション力、看護実践力などを総合する能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に、卒業の認定を行います。

1.「平和・自由・進歩」の大学の理念をふまえ、生命の尊厳と人権を尊重し擁護できる。
2.ケアリング・マインドを基盤にして、科学的に思考できる。
3.現代の多様な課題を発見し、分析、解決する能力を身につけ、人々の健康と福祉に寄与できる。
4.地域のニーズを理解し、住民参画型の健康づくりを支援できる。
5.国際社会に貢献しうる看護実践能力の基礎を身につける。

 

学位

 学士(看護学)



目指す進路・就職先

病院/診療所/学校(養護教諭)/福祉施設/企業での健康支援職/国際医療機関/医療系NGO・NPO/助産師養成課程への進学/看護系大学院への進学

 平成27年度入学者から看護学科において「養護教諭一種免許」を取得することはできません。ただし、「保健師国家試験受験資格」の取得者については、卒業後、保健師免許取得後、申請により条件を満たすことができれば「養護教諭二種免許」を取得することができます。


 

取得可能な資格
●看護師受験資格 ●保健師受験資格
(養護教諭二種免許・第一種衛生管理者免許は保健師免許取得後申請すれば取得可能です)

  

POINT CHECK ─ ここがおもしろい! ─
参画型看護教育課程とは?
医療の場では質の高い臨床実践能力が求められています。沖縄の豊かなケア文化に学び、人々が健康に生きる権利を擁護出来る看護師・保健師を育てます。そのためには「自ら学び、成長し続けていく力」が重要です。その学び続ける力を育むのが参画型看護教育です。
自分との対話
学生は、自分自身との対話を通して自己理解を深め看護職としてのキャリア開発を行います。
仲間・教員・職員との対話
学生は、授業・学内行事などを通じて仲間・教員・職員と対話し、自らがカリキュラム開発を行います。
地域社会との対話
学生は、フィールド活動、看護実習を通して地域への関心を深めケア文化の開発を行います。

 

あなたの好奇心を満たす科目はコレ!

人間を深く理解すためにも視野を広げたい!
●教養・基礎教育科目
人文・社会・自然に関する諸科学を基盤として、豊かな人間性と国際的な視野・教養を深めます。
●教養実習I~IV ●心理学 ●社会学 ●異文化接触論 ●国際コミュニケーション ●健康スポーツ科学 ●ベイシック・イングリッシュI・II ●コンピューターリテラシーなど

看護師・保健師として働く為に必要な専門的学習とは?

●専門基礎科目
看護を支える科目で人間・健康・環境についての理解を深めます。
●形態機能学I・II・III ●人間関係論 ●病態治療学I~IV ●薬理学 ●生命倫理 ●看護と福祉 ●公衆衛生学など

●専門科目
看護学を探求し、看護実践能力を培い専門職者としての基礎を学習します。
●基礎看護 ●成人看護 ●母性看護 ●小児看護 ●高齢者看護 ●精神看護 ●地域・在宅看護 ●総合看護など