公立大学法人名桜大学

 

 

教員養成支援センター



教職をめざす皆さんへ

 教員養成支援センターでは、教職経験が豊かなスタッフが教職を志望する皆さんの支援活動を行います。1年次から4年次まで一貫した教員養成プログラムを提供し、教育現場に適応した質の高い教育者を養成していきます。また、年間を通じて教職に関わる様々な行事を計画・実施していきます。
 教職をめざす学生は入学の早い時期に当センターを訪れ、教職情報を積極的に入手して下さい。

 -魅力ある教員を目指して- 

                       

 

平成27年4月より『学生会館SAKURAUM 5階』へ移転しました!!

                                         


教員養成支援センター長
板山 勝樹

 

 

 

 

 名桜大学の教員養成支援センターは,2006年度に設立されました。本支援センターでは,一人でも多くの教員を志望する皆さんがその夢を実現できるように支援していく体制で取り組んでいます。
 教員になるためには,「教員候補者選考試験」(以下,教員採用試験と略す)1次・2次(地域によっては3次)に合格せねばなりません。教員採用試験に合格し,教職の道に就くことは至難のわざと言わざるを得ない現状があります。よって,2年生から教員になることを意識し,本支援センターでしっかり相談し,目標を定め,綿密な計画を立て,主体的に取り組むことが大切です。自分の夢は,自分自身の努力によって切り拓くより他に道はありません。努力の結果は必ず出てくるものであり,日々の努力が大切であることは言うまでもありません。努力の結果を本支援センターが実施する教員採用試験対策模擬試験等で確認しながら,着実に力をつけて欲しいと思います。
 また,本支援センターでは,教員を志望する皆さんに「子どもと向き合う経験を積んで欲しい」との思いから,沖縄県北部地域での学習支援ボランティア活動を推進しています。そして,教員を志望する学生が積極的に取り組みに参加しています。さらに,この学習支援ボランティア活動は,本学の地域貢献活動の中核的な取り組みであり,学校関係者をはじめとした地域の方々からも高く評価されています。
 教員採用試験の件,学習支援ボランティアの件を中心に述べてきましたが,その他にも,教職科目履修に関する件等,皆さんの自らの意思で支援センターに来て,相談をし,皆さんの学びの場として活用して下さい。
 

 

利用時間

月曜日~金曜日 8:30~17:00
 
※土日・祝祭日はお休みです。長期休暇中も利用できます

 

場所

 学生会館 SAKURAUM 5階にあります。

 

教職相談
 
 教員免許や教員採用試験等、教職全般に関する相談を受付けています。
  わからない事があれば、お気軽にスタッフにお尋ねください。

 

資料

主な資料

・教育計画書(学校経営・年間計画等)
・研究報告書(各科指導案・教材研究事例等)
・小・中・高の学習指導要領(国の教育の方向性と教育内容の基準となるもの)
・教員採用試験過去問シリーズ
・日本教育新聞

その他、教職に関する書籍類を揃えています。

 



教員採用試験問題や教職関連記事

  教員候補者選考試験問題については、貸出を行います。貸出の際には図書貸出簿へ記入お願いします。
 ※本学生に限り、教員養成支援センターにてコピー可能です。
   


 教員採用試験情報やその他教職に関する情報

 

 

アクティブラーニングスペース

 支援センター前には、気軽に相談ができるように、開放的な雰囲気を心掛けた
 広々としたスペースが設けられています。自習の場やくつろぎのひとときにご利用ください。

 


 

 

 

学群・学部名

学類・学科名

専攻名

免許状の種類

免許教科
国際学群 国際学類

国際文化専攻
語学教育専攻
経営専攻
情報システムズ専攻
診療情報管理専攻
観光産業専攻

中学校教諭一種免許状
高等学校教諭一種免許状

英語

国際学群 国際学類

国際文化専攻
語学教育専攻
経営専攻
情報システムズ専攻
診療情報管理専攻
観光産業専攻

高等学校教諭一種免許状

商業
情報

人間健康学部 スポーツ健康学科

中学校教諭一種免許状
高等学校教諭一種免許状

保健体育

人間健康学部 スポーツ健康学科

養護教諭一種免許状

養護

人間健康学部 看護学科

養護教諭一種免許状

養護

 平成27年度入学者から看護学科において「養護教諭一種免許」を取得することはできません。ただし、「保健師国家試験受験資格」の取得者については、保健師免許取得後、条件を満たせば「養護教諭二種免許」の取得が可能です。

 

 



教員養成支援センター長 
板山 勝樹

公立中学校教諭経験25年
九州大学大学院人間環境学府博士後期課程単位取得退学
専門分野:人権教育、反差別教育
担当科目:教育課程論・生徒指導論・特別活動指導法・進路指導論
コメント:社会的不利益層の子どもたちの進路保障問題の解決をめざして、教育・研究・地域貢献活動に取り組んでいきたいと思っております。

教員養成支援副センター長
田原 亮二

東京大学大学院連合学校教育研究科
健康・スポーツ系教育講座単位取得
専門分野:体育科教育学
担当科目:保健体育科教育法、教育演習Ⅰ、卒業研究演習、体育実技
コメント:榮蔵やセンサーを使った運動・スポーツの動作分析を専門として研究しています。新しいモノに興味があり、それを利用して今までにない体育教材を創ってみたい好奇心旺盛な学生の皆さんをお待ちしています。体を動かすのも好きなので、一緒にスポーツをしながら学んでいきましょう。