公立大学法人名桜大学

 

 
DEPARTMENT OF SPORTS AND HEALTH SCIENCES
スポーツ健康学科

概要
 スポーツ健康学科は、「スポーツ領域」と「健康領域」の二つの領域を目的・対象・内容とし教育・研究を行い、そこに存在意義を持つ学科です。
 本学科の目的は、人間の健康を理解した「健康支援人材」を養成することですが、そのために「スポーツ」と「健康」の二つの領域の「科学」と「実践」を基礎とし、資格(保健体育・養護教諭免許取得、健康運動指導士受験資格等)や就職(教育、行政、スポーツクラブ、一般企業等)に発展させるカリキュラム構成をとっています。
 学生は、授業はもちろん課外活動(陸上、野球、サッカー、ハンドボール、バスケットボール、ソフトボール、バレーボール、バドミントン等)やボランティア活動にも積極的に参加し活躍しています。

カリキュラムの特徴
 スポーツ健康学科では、「スポーツ領域」と「健康領域」の二つのコースを柱としたカリキュラムを設定しています。
「スポーツ領域」は、スポーツパフォーマンスの向上やアスリートの養成、ハイレベルなスポーツ指導者・コーチ、実践的な保健体育教員の養成を目指すために必要なスポーツ科学や実践を学ぶコースを企図しています。
また、「健康領域」は、ヘルスプロモーション、養護、福祉などを通じて、個々ならびに社会全体のウェルネスを向上させるための健康科学の理論や方法論を学ぶコースを企図しています。
これらのコースの先にあるゴールは「沖縄の自然環境を生かした地域社会の中で、ウェルネスの理念を基盤とした人間のこころとからだを一体としてとらえ、人間の健康を理解した健康支援人材を養成する」という「スポーツ健康学科の教育理念」の実現といえます。

 
Ⅰ ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与方針)
スポーツ健康学科は、以下の能力を身につけた学生に学士(スポーツ健康学)の学位を授与します。
 
1. 高い倫理観を持ち、社会人として必要な幅広い教養およびスポーツ健康科学分野における専門的知識・技能
2. 地域社会や国際社会の課題に取り組み探求し続けるための生涯学習力
3. 自由な発想で課題を発見・設定し、批判的・論理的に思考・判断しつつ解決する力。また、その内容をわかりやすく表現する力
4. 多様な視点を尊重し、協働して問題を解決していくために必要なチームワークやリーダーシップ
5. 心身ともに健康に生きるため、自己の可能性を肯定的に考え、自らを律しながら、主体的・計画的に行動する力
 
Ⅱ カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与方針)であげた能力を育成するため、以下の方針に沿ってカリキュラムを編成します。

1. 豊かな教養と高度な専門知識を統合しつつ、グローバル化に対応できるコミュニケーション力(英語を含む外国語力、母語によるライティング力)、数理的分析能力、ICT活用力、現代社会の諸問題を解決する能力を4年間かけて育成できるカリキュラムを編成する。
2. 科目のナンバリングを行い、単位の実質化を図り、多様な教育方法を実践しながら国際基準に沿った教育を行う。
3. 全ての年次に地域社会や国際社会の課題に取り組む演習科目を配置することで、自立した主体的な学びを促すとともに、他者との対話や議論を通して批判的・論理的な思考力を育成する。
4. 全ての学生を対象として教育課程における学習成果の中間評価を行うとともに、3年次および4年次における卒業研究演習を必修科目と位置づけ、卒業論文等により最終評価を行う。
5. スポーツおよび健康に関する専門基礎科目群を配置する。専門性を高めるため、2年次から「スポーツ領域」または「健康領域」を選択し、より探究的な専門科目群を配置する。。

 

 

スポーツ健康学科カリキュラム(2016年度入学者適用)

スポーツ健康学科カリキュラム(2015年度入学者適用)

スポーツ健康学科カリキュラム(2014年度入学者適用)

スポーツ健康学科カリキュラム(2013年度入学者適用)

スポーツ健康学科カリキュラム(2012年度入学者適用)

スポーツ健康学科カリキュラム(2011年度入学者適用)

 

健康・スポーツ活動支援の人材育成



生涯にわたってスポーツを健康増進や生活習慣病予防に応用できる知識と技能を備えた人材育成。

 

多様で充実した実践・実習・演習

 保健体育教員免許取得のための教育実習、養護教諭免許取得のための看護臨床実習及び養護実習、健康運動指導士資格取得のための健康増進施設における実習。インターンシップでの、企業、社会福祉施設、地方公共団体、県内外の野外教育施設。

 

社会と人間理解のための多角的研究

 人体の構造と生理的特性、社会における体育・スポーツの位置づけ、ウエルネス・ヘルスプロモーション・保健・栄養などから捉える健康教育等々のあらゆる観点からスポーツと健康を探究します。
 

特色ある実技科目

スポーツ健康学科実践科目 沖縄の地の利を生かした海洋スポーツ実技(ウインドサーフィン、スクーバダイビングなど)沖縄ならではの伝統種目(空手・古武道、琉球舞踊など)県外で行うウィンタースポーツ(スキー・スノーボード)、その他トレーニングルーム、室内温水プールで行う各種実技科目を提供。

 

 

学位

 学士(スポーツ健康学)

 

目指す進路・就職先
●中・高等学校教諭(保健体育)
●養護教諭
●公務員
●スポーツ団体やトレーニング施設
●一般企業での衛生管理職
●大学院進学

 

取得できる免許・資格

●中・高等学校教諭一種免許状(保健体育)
●養護教諭一種免許状
●第一種衛生管理者免許

●社会福祉主事任用資格

● 健康運動指導士受験資格
● トレーニング指導者(JATI)受験資格
●健康運動実践指導者受験資格
● 日本体育協会公認スポーツ指導者(共通科目免除、ジュニアスポーツ指導員、スポーツプログラマーの受験資格)

 

POINT CHECK ─ ここがおもしろい! ─
スポーツ実技がおもしろい!
本学科では、ウインドサーフィン、ダイビングなど世界に誇れる沖縄の海を生かしたマリンスポーツ実技を開講しています。自然環境と共存して行うスポーツの本質を知り、安全管理や環境への配慮についても学習できます。また空手、古武道、琉球舞踊など沖縄ならではの伝統種目や県外で実習を行うスキー・スノーボードなどバラエティ豊かな実技科目を提供しています。

本学科では児童・生徒の生きる力を育む養護教諭免許が取得できます。
養護教諭とは、小・中・高校および盲・聾・養護学校内で、児童・生徒の健康問題を中心に教育活動を行う専門職です。健康教育や健康相談活動など、学校保健に関してリーダーシップをとる役割を持っており、児童・生徒と担任、保護者とのパイプ役も担っています。近年養護教諭に対する期待は一段と高まっています。
 
 

 

スポ健コラム 

 

第4号 『スポーツと体罰(1)』

 

第1号からのスポ健コラムはコチラ