公立大学法人名桜大学

 

 

心身の健康相談窓口

保健室

利用時間:月~金(土日・祝祭日・年末年始を除く) 8:30~19:00
場    所:多目的ホール1階

1. 応急処置
学内で怪我をしたり、体調がすぐれないときは、すぐに保健室や教職員に連絡してください。保健室にて応急処置をします。(基本的には内服薬は出していません)

2. 健康チェック
血圧測定、体脂肪測定、視力測定等が行えます。定期健康診断の結果をもとに保健指導も行います。

3. 定期健康診断 
学生の健康管理を目的として、毎年4月~5月に、全学生を対象とした定期健康診断を実施しますので必ず受診してください。
定期健康診断未受診の場合、各自で指定事業所で健康診断受付を行ってもらいます。
また、奨学金の申請や実習・就職・進学等に必要な健康診断受診証明書の発行ができなくなりますので注意してください。

4. 健康相談
健康上のことで気になることがあれば気軽に申し出てください。

5. 学生相談窓口
カウンセラーが不在の場合や、どこに相談するか迷っているときは遠慮なく保健室に相談してください。

 

学生相談室

 学生相談室では、皆さんが充実した学生生活が送れるよう、カウンセリングを行っています。学業や進路・将来のこと、学校生活のこと、家庭生活のこと、友人や恋人のこと、心の悩みなど、どんな小さなことでも一人で悩む前に、気軽に利用してください、専門のカウンセラーが相談に応じています。
秘密は相談者の意向をできるだけ尊重し守られます。また、希望や必要に応じて他の専門機関も紹介します。

【利用方法】
原則として予約制ですが、面接中以外であれば声をかけてください。
面接中、または不在の場合は保健室或いは学生課まで連絡してください。

 

場所
多目的ホール1階
利用時間 1、カウンセリング予約の際には保健室に声をかけてください。
2、長期休暇期間のカウンセリング室は閉室予定です。
連 絡 先 カウンセリング室 0980-51-1066(保健室)
保健室 0980-51-1066 
学生課 0980-51-1057 

 

ハラスメント相談

 名桜大学は、セクシュアル・ハラスメントやアカデミック・ハラスメントなどの人権侵害の防止及び排除するために関連する防止規程や指針が制定されています。
ハラスメントは、被害者にとって単に不快なだけではなく、心に深い傷や身体的な苦痛を受けるものです。被害を深刻にしないためにも早めに相談してください。ハラスメントの悩みを聞き、速やかに解決を図ります。
相談に際し、相談者の名誉・プライバシーを守り、相談により不利益な取扱いを受けることはありません。また、決して報復を受けることのないよう対処します。

【相談方法】
窓口は、学生相談室、保健室、学生課、総務課があり、相談内容の秘密は守られますので相談しやすい窓口を選んでください。また、その他に次の方法にて受け付けます。
○ 書面による郵送:名桜大学総務課長あて親展にて郵送してください。

【関連規程】
『名桜大学セクシュアル・ハラスメント防止規程』(PDF)
『名桜大学アカデミック・ハラスメント防止規程』(PDF)