公立大学法人名桜大学

 

 

授業料及び免除制度

授業料及び免除制度について

(1) 納入額、期限等
授業料は、年額の2分の1ずつを前期、後期の2期に分けて納入しなければなりません。次の納付期限日に口座振替にて納付していただきます。または、振込書により所定の金融機関にて納入してください。(※入学時は、別途、入学金等も納入します)

 

前期分
後期分
納 付 額
267,900円
267,900円
納付期限
4月末日
10月末日

 

※末日が銀行の休業日にあたる場合は、前営業日に口座振替を行います。

【留意事項】
1. 授業料の納入を怠り、督促してもなお納入しない場合には、学則により除籍されますので注意してください。
2. 休学、退学及びその他の場合、その処置決定までの期間は授業料を納付しなければなりません。
3. 特別な事情により授業料の納入が困難な場合には、授業料徴収猶予申請を行なうことができます。該当者は各納入期限内に会計課へ申し出てください。

 

(2) 授業料の免除
経済的理由及び災害等により授業料の納入が著しく困難で授業料の免除を申請する者については、学業成績・人物ともに優秀と判断された場合は、選考の上、授業料の免除を受けることができます。選考の結果、免除申請が認められた場合、免除額は全額(267,900円)か半額(133,950円)又は3分の1(89,300円)となります。
授業料の免除を希望する学生は、前期6月上旬頃、後期10月上旬頃に掲示にてお知らせしますので、受付期間内に申請書を学生課に提出してください。