沖縄の公立大学 名桜大学(沖縄県名護市)やんばるの豊かな自然の中で国際的教養人を育成します!

最新情報

【学生・教職員向け】新型コロナウイルス関連肺炎に関する注意喚起

掲載日:2020年2月13日在学生向け , 教職員向け , 重要なお知らせ

2020年02月13日

新型コロナウイルス関連肺炎に関する注意喚起

本日付で、外務省から次のとおり注意喚起が発出されております。
【外務省】
◆中国における新型コロナウイルスに関する注意喚起(その10)
(早期の一時帰国や中国への渡航延期を至急ご検討ください。)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2020C027.html

外務省は、現在感染症危険情報レベル3が発出されている武漢を含む湖北省のみならず、浙江省(省都・杭州)での感染者が、湖北省に次ぐ1万人当たりの感染者数0.2人近くになったため、本日2月12日から「14日以内に浙江省に滞在歴がある」者への入国を制限することも併せて発表しました。現在のところ、中国以外で感染症危険情報等が発出されている国や地域はありません。

本学としては危機管理の観点から学生及び教職員の中国への渡航は自粛すること。
また、海外への不要な渡航についても控えるようお願いします。

  1. 当面の間、中国への渡航はできる限り控えてください。
  2. 春季休業期間等を利用して中国への渡航を計画している学生・教職員は、今後の可能性として、日本を出国後に同地域の危険レベルが引き上げられる場合や、新学期までに日本への入国が困難になるリスク等も考慮して、慎重に検討してください。
  3. やむを得ず中国へ渡航する必要のある学生・教職員は、渡航前に学生は学生課(TEL:0980-51-1057)へ、教職員は総務課に必ず連絡してください。
    (連絡事項:旅行日程、滞在先、同行者、予定飛行便名、ツアー名等)
  4. 渡航に際しては、現地情報の取得とともに、マスクの着用や手洗い・うがいの徹底など、感染対策につとめてください。
  5. 中国から日本への入国後は、次のとおり対応をお願いします。
    ※こちらの『 受診先案内フロー図(日本語版)』も参考にしてください。

A)中国から日本へ入国または湖北省及び浙江省(省都・杭州)在住の方と接触があった方

  1. 入国日から2週間以内に発熱(37.5℃以上)かつ呼吸器症状がある場合は、他の人との接触を避け、マスクを着用し、速やかに地域の保健所に電話相談するとともに、保健所から紹介された医療機関を受診すること。
    また、保健所から受けた指示や医療機関の受診結果を含め、本学保健センター【TEL:0980-51-1066】に連絡し、就学・就業上の判断を仰ぐこと。

  2. 現に症状がない場合は、入国後2週間は外出を控え、自身の健康状態の経過を厳重に観察すること。また、本学保健センターに連絡し、就学・就業上の判断を仰ぐこと。
    症状が出現した場合には、上記1の対応とする。

B)海外から日本へ入国し、湖北省在住の方と接触がない方

  1. 入国日から2週間以内に発熱(37.5℃以上)かつ呼吸器症状がある場合は、他の人との接触を避け、マスクを着用するなどし、速やかに近くの医療機関を受診するとともに、受診結果を含め連絡し、就学・就業上の判断を仰ぐこと。
  2. 現に症状がない場合は、入国後2週間は自身の健康状態の経過を厳重に観察すること。
    症状が出現した場合には、上記1の対応とする。

【関係機関】
外務省  https://www.anzen.mofa.go.jp/
文部科学省  https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/index.html
沖縄県  https://www.pref.okinawa.jp/site/hoken/chiikihoken/kekkaku/2019-ncov.html

【名桜大学】
総合窓口 総務課 TEL:0980-51-1100

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要となります。お持ちでない方はAdobeよりAdobe Readerをダウンロードしインストールしてご利用ください。
掲載されている内容、お問合せ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

Share!

ページトップへ