公立大学法人名桜大学

 

ハサヌディン大学短期留学生の研修プログラムを終えて


平成24年12月10日(月)から23日(日)まで、本学協定校のハサヌディン大学(インドネシア)の短期留学生4人(以下、研修生)が、日本の語学や文化、保健医療の知見を広めることを目的に研修を行いました。本年度は、全学交流委員会(委員長:渡慶次正則教授)が公式の受け入れ窓口となってコーディネートを担当しました。
基本的には通常の授業に参加してもらいましたが、日本語クラスは、研修生対象で開講しました。研修生の専門分野の公衆衛生関連では、地域の健康イベント参加や医療施設の見学がありましたが、それぞれの特徴を比較しながら学ぶことができたようです。
また研修中は、本学の学生たちが通訳や活動ボランティアで活躍し、研修生と学生相互の学びや交流の機会にもなりました。これは、全学として研修を受け入れたことによる貴重な成果の一つでもあります。今後は、協力体制の調整や強化などの課題についても検討する必要があると思います。
ご協力いただきました皆様、本当に有難うございました。

総評:横川 裕美子(人間健康学部 看護学科 教授)

 


 
研修中に文化交流会が行われた               文化交流会に参加した皆さん

 

研修生の声

・視聴覚教材やアクティビティを取り入れた授業が楽しく学べて興味深かった。

・多くの学生が親切にしてくれたのがうれしかった。

・日本の文化に以前より興味をもった。

・地域のイベントで学生が中心になって活動していることに驚いた。市民が自分でヘルスチェックできるのが良いと思った。

・病院のシステムや高齢者のリハビリテーションなど学べた。インドネシア語で説明してもらえた施設もあり理解が深まった。

 

研修生がエキサイトした体育・アドベンチャー体験担当の石橋先生からコメントをいただきました!

 異文化交流の最初の壁である現地の言語によるコミュニケーション不足を解消できるよう、スポーツやアウトドア・アクティビティをツールとして、両プログラムを構成しました。その結果、ノンバーバルコミュニケーションが可能なプログラムであったため、日本語が不自由である交換留学生にとって研修しやすかったと考えられます。特に、プロジェクトアドベンチャー体験では、挑戦的なアクティビティに対して、交換留学生と本学の学生が協働して取り組み、成功体験を得ていました。この成功体験やコミュニケーションのとり方が、今後の成長の糧となることを願っています。
交換留学生の受け入れに際しては、最低限度の現地言語を習得している学生が望ましいと考えます。今後は、日本に興味を持っている留学生であるため、英語でのプログラムだけでなく、貴重な体験となるべき留学本来の目的を達成できる研修を増やすことも課題だと思います。

総評:石橋 千征(人間健康学部 スポーツ健康学科 助教)




瀬名波学長を囲んで(左から横川先生、研修生一同、石橋先生)  ボランティアやサポート等で交流があったメンバーと記念撮影

 

 

ボランティアに参加した学生の声


通訳ボランティアに参加して

 私は研修生と3日間行動を共にし、名護市宮里区の朝一健康祭りや今帰仁診療所などを巡り、共に学び、感動し、とても有意義な時間を過ごしました。インドネシアは多様な民族で成り立つ国であることからか、彼らは、宗教・文化を越えて様々なことを柔軟に受け入れていました。肝心の通訳には悪戦苦闘しましたが、研修生の笑顔とおおらかさに助けられ、楽しく貴重な経験をさせていただきました。感謝の気持ちで一杯です。TERIMAKASHI.

渡慶次 那津子(国際学群 語学教育専攻4年次、糸満高校出身)

 

宮里区の朝一健康祭りにて(右端が筆者)

 


Thank you good time!

 私は、「国際交流がしたい」「英語を話したい」という思いから、ボランティアに参加しました。授業の付添いや観光に出かけ、研修生と過ごし、互いの国の文化にふれました。インドネシアやイスラム教について教えてもらい、また、インドネシアの料理をいただいたり、私たちが鍋料理をふるまうこともありました。この交流を通じて1番良かったことは研修生と友達になれたことです!貴重な2週間をありがとうございました。

先家 茉子(国際学群1年次、広島県・安田女子高校出身)

 

一緒にランチへ出掛けた際に(右端が筆者)

 


【研修生氏名】Ms.Ismi・Ms.Primasanty Amelia・Ms.Rifaah Munawwarah・Mr.Muhammad Nur Qalbi

【ご協力いただいた学外の機関・施設など】

・宮里区および朝市健康祭り参加の皆様、北部地区医師会病院、今帰仁診療所、西平医院

【コーディネート担当】

人間健康学部:横川裕美子・石橋千征、国際学群:Fathelalem F.Ali 学生課国際交流係:津嘉山淳子・新田繁迪・中山登偉

【サポート】

全学交流委員会教職員、留学生会
【Special Thanks】
森川千鶴子、レイサム,キャロライン C.、先家茉子、大月幹太、内田佳代子、渡慶次那津子、西上侑季、上原丈明、ECCメンバー、
中島あすみ、石井卓真、田中太智、James S.、Ymelia S.、Jacob W.、Vu T. Thuy、園田ひろみ、岡本育子、濱元恵理加、鈴木ターニャ、藤野なつ紀