公立大学法人名桜大学

 

「平成28年度県内・県外病院合同説明会」を開催される

 平成29年3月2日(木)に行われました「平成28年度県内・県外病院合同説明会」は今回で6回目の開催でした。来場参加学生数は101人もの参加があり、学生たちは初めてのリクルートスーツでの就活に緊張して臨んでいました。
 今回の「病院合同説明会」の特徴としては、説明会が開催される前に各施設による施設紹介を全学生対象にインフォメーションしてもらいました。その後、各施設のブースに分かれての説明会を開催しました。昨年までの開催方法だと学生訪問の多い施設ブースとほとんど来ないブースがあり、施設の不平等さがあり、来ていただいた施設にも満足が得られない状況もありました。しかし今回は、全学生へ施設のアピールができる場の提供ができたことで、施設間の満足度の差も多少緩和されたのではないかと考えます。
 また参加学生の感想では、「いろいろな病院の特徴を知れてよかった。知らなかった病院を知ることができた」「施設の特徴に気づけました」「3ブースしか回れなくてすごく迷った」など多くの施設の紹介が聞けた反面、各ブースでの説明方法に課題も残りました。今回、参加学生人数が少ないなど、今後就職支援の企画としてさまざまな選択肢を広げて提案していきたいと思います。
 
総評: 平成28年度看護学科キャリア開発委員    
下地 紀靖(人間健康学部 看護学科 准教授)
 
 
全学年を対象に実施された
各施設によるプレゼンテーション
核施設のブースに訪れ、
熱心に聞き入る参加学生