公立大学法人名桜大学

 

サッカークリニックを開催しました

 平成29年3月26日(日)、27日(月)の2日間、本学多目的グラウンドにてミズノ株式会社主催、名護市サッカー協会および名桜大学共催のサッカークリニックが行われました。26日は名桜大学女子サッカー部と名護高校女子サッカー部を対象に21人が参加し、27日は北部市町村内の少年サッカークラブチームを対象に43人の参加がありました。
 講師には元サッカー日本代表選手の山口素弘氏をお招きし、パスなどの基礎からゲーム形式の応用編まで、実技指導が行われました。参加した本学女子サッカー部の今村美香さん(看護学科3年次、鹿児島県立出水高校出身)は、「広いコートの中で視野を広げること、パスを受けるポジショニングをよくすることを意識して、手を使ってよいパス練習を行ったのは、普段と違ってとても新鮮でした。また私自身の課題を見つけることもでき、チームワークづくりにも役立てられそうです。今回の経験を活かして、今後は沖縄県でナンバーワンになれるように頑張っていきたいです」と目を輝かせていました。
 
26日(日)開催の様子
実技指導を行う山口氏 視野を広げてパスを出す今村さん
(写真中央)
参加者一同

 

27日(月)開催の様子
山口氏のボールを
必死に取ろうとする小学生
参加した小学生と
補助員の本学サッカー部
山口氏を囲んで記念撮影