公立大学法人名桜大学

 

平成28年度第2回オープンキャンパス開催しました

バスを下車し、会場へ向かう参加者一行

 平成28年8月11日(木)、名桜大学内にて、第2回オープンキャンパスが開催されました。当日は晴天に恵まれ、高校生と保護者の皆様、合わせて590人の参加がありました。

 

 最初に吹奏楽部の演奏で参加者を歓迎し、学生会館SAKURAUM前では、チアリーディング部や名桜エイサー、その他サークルがパフォーマンスを披露しました。

 
 
吹奏楽部の爽やかな演奏でスタート チアリーディング部(左)と名桜大学エイサー(右)が各パフォーマンスを披露しました
 
 その後、参加者は各自の興味がある学群や学科へ移動し、学科紹介・模擬授業・技術体験・部活動体験などのプログラムを受講し、本学の特色や学びに触れました。参加者は大学ならではの学びを体験したり、在学生の生の声を聞いたりして、本学の教育・研究内容について理解を深めました。その他、在学生と回るキャンパス内スタンプラリーツアー、入試や海外留学などの相談コーナーにも次々に参加がありました。
 
入試相談コーナー 海外留学の相談コーナー スタンプラリーツアー受付の様子
 
 参加した受験生は「キャンパスライフを具体的にイメージすることができました」、「受験勉強のモチベーションが上がりました。来年には名桜大学へ受験したいです」と述べていました。以下、全体プログラム及び学群・学科別プログラムを紹介します。

〔全体プログラム〕
 SAKURAUM内では、ウェルナビによる学生生活相談をはじめ、言語学習センター、数理学習センター、ライティングセンター、S-CUBE(就職支援活動)の各コーナーが設けられ、在学生が参加者へ各機関の活動紹介などを行いました。

ライティングセンターの添削指導を体験する参加者  言語学習センターの説明を行う在学生
数理学習センターのスタッフ一同  ウェルナビメンバーと参加者で記念写真

〔国際学群プログラム〕
 佐久本功達国際学群長より6つの専攻(国際文化専攻・語学教育専攻・経営専攻・情報システムズ専攻・診療情報管理専攻・観光産業専攻)が紹介された後、参加者は希望する専攻ブースにて、ゼミ担当教員から教育課程の説明を受けました。その他、大学の学びが体験できるプログラムや在学生によるQ&Aコーナーが設けられました。
〔語学教育専攻〕
教員とマンツーマンで教育課程の説明を受ける参加者  和気藹々とした雰囲気で在学生と交流する様子
〔情報システムズ専攻〕
実際の講義を体験する参加者 参加者のサポート役に徹する在学生
〔診療情報管理専攻〕
課題に取り組む参加者を在学生がサポートします 在学生がメインとなって専攻説明を行います
〔観光産業専攻〕
専攻紹介を熱心に聞く参加者 観光をテーマとした講義を実施しました
〔国際文化専攻〕
留学体験を報告する在学生
多くの参加者で講義室は満席状態
〔経営専攻〕
教員が見守るなか、在学生へ質問する参加者 和やかに談笑する在学生と参加者

〔人間健康学部 スポーツ健康学科〕
 高瀬幸一学科長の挨拶の後に、学生リーダーから学科の特徴が紹介されました。次に模擬授業「スポーツ・健康と心理学の接点」の開講、昼食をはさんで、実験実習棟では、トレーニング機器、エクササイズダンス、部活動体験などの体験コーナーが実施されました。各コーナーでは汗を流す参加者の姿が見られました。また、教職員や在学生による個別相談コーナー等が設けられ、多くの参加がありました。

模擬授業を熱心に聞く参加者 受付の様子 海洋レジャー器具に興味津々な参加者
どれくらいのカロリーがあるか計算中 ヘルサポメンバー一緒にJOY BEAT体験 教員による個別相談コーナー

 


〔人間健康学部 看護学科〕
 島田友子学科長からの歓迎の挨拶の後、在学生から「名桜大学で学ぶことの魅了について」のメッセージが送られました。その後、ミニ講義「学生ともに創る授業“テーマ:大学生のカルト誘導の問題”」が開講されました。午後のプログラムでは、看護技術体験コーナー、医療機器などの展示コーナー、授業紹介コーナー、入試・進路相談コーナーなど、盛りだくさんの内容が提供され、中には参加者が列をなすコーナーも見られました。
在学生からのメッセージ
「名桜大学で学ぶことの魅力について」
在学生によるミニ講義を開講 講義を終えた在学生一同
相談コーナーでは活発な質疑応答が行われました バイタルサイン測定技術を体験する参加者 乳児の抱き方を体験する参加者