公立大学法人名桜大学

 

名桜大学・琉球大学サテライト大宜味キャンパス開設式典を開催

 平成28年7月3日(日)、大宜味村農村活性化センター2階ホールにおいて、名桜大学と琉球大学合同のサテライト大宜味キャンパス開設式典を開催しました。
 
 これは、平成27年度地(知)の拠点大学による地方創生推進事業に琉球大学(申請校)と名桜大学(参加校)が共同で申請した「新たな地域社会を創造する未来叶い(ミライカナイ)プロジェクト」COC+事業と連携し、大宜味村の地域の学びのコミュニティー形成及び生涯学習振興に寄与する目的でサテライトキャンパスを設置しました。
 
  開設式典に先立ち、宮城功光大宜味村長、大城肇琉球大学長、山里勝己名桜大学長による両大学のサテライト大宜味キャンパスの看板除幕が行われました。開設式典では、宮城功光大宜味村長から、両大学のサテライトキャンパスへ期待する挨拶が述べられました。続いて、大城肇琉球大学長、山里勝己名桜大学長から、それぞれ挨拶がありました。引き続き、二題の公開講座が行われました。始めに琉球大学から、「シークヮーサー搾り残渣を活用した機能性素材の研究開発」と題し、琉球大学教育学部自然環境科学教育コース 准教授 照屋俊明氏によるサテライト教育システムのインターネット配信による講座をが行われました。また本会場にて地域出前講座を、「産学官で取り組む健康増進施策 ―自主的な運動の場とコミュニティづくりの先進的事例紹介―」と題し、名桜大学人間健康学部スポーツ健康学科教授 高瀬幸一氏の講座が行われました。両講座とも講師と聴講者との質疑が行われた後、開設式典は、閉幕しました。
 
名桜大学は、サテライトシステムによる公開講座、同キャンパスを拠点とする地域出前講座等の実施を全学的に取組むことと、大宜味村の学びのコミュニティー形成を支援できるよう琉球大学と連携し推進してまいります。
 
 
左から、山里名桜大学長、大城琉球大学長、宮城大宜味村長 挨拶する宮城大宜味村長 挨拶する大城琉球大学長
挨拶する山里名桜大学長 サテライト配信による公開講座 質疑応答の模様 地域出前公開講座 聴講模様