公立大学法人名桜大学

 

多目的新グラウンド建設工事及び周辺施設の整備計画について

学 生 各位
 
名桜大学多目的新グラウンド建設準備委員会
       委員長 小 賦   肇
                     (公印省略)
 
多目的新グラウンド建設工事及び周辺施設の整備計画について
 
 本学では、体育実技やスポーツ専門実技における授業内容等教育研究活動の質の向上や課外活動の充実を図ることを目的に、昨年度末から、多目的新グラウンド建設工事を進めています。また、新グラウンド建設工事に伴いテニスコートの移設及びソフトボール、軟式野球の練習場となる多目的広場の改修工事を行い整備する予定となっています。
現在、新グラウンド工事は順調に進捗しており、平成28年10月から供用開始を予定しています。また、周辺施設工事となるテニスコートの移設については、平成28年11月から供用開始を予定、多目的広場の改修工事については、平成28年度内完成を目途に現在整備内容を最終的に調整し早急に進めているところです。今後、台風等の天候の影響を受けず順調に工事作業等が進めば、左記及び下記に示した予定となります。
新グラウンド建設工事に伴い、これまで総合グラウンドで実施していた体育実技Ⅱ(ソフトボール・サッカー)は多目的広場や野球場で実施、また、課外活動においても、男女ソフトボール部、軟式野球部、サッカー部、ラグビー部等の練習環境が制限される等、学生におかれては不自由な点があると思いますが、標記の整備計画について、ご理解並びにご協力をお願いいたします。
 
 
多目的新グラウンド(平成28年10月運用開始予定)
全天候型ウレタン舗装の400mトラック(6レーン、直線部6レーン)
その他可能なフィールド競技、走高跳、棒高跳、走幅跳、三段跳、砲丸投を設置
インフィールドに、人工芝のサッカー場及びラグビー場を設置
夜間照明設備
 
テニスコート(平成28年11月運用開始予定)
硬式及びソフトテニスが可能な人工芝コート2面
夜間照明設備(関連する施設整備計画上、本年度内での整備を予定)
 
多目的広場(平成28年度中に改修予定)
ソフトボール及び軟式野球の練習場として整備
夜間照明設備