公立大学法人名桜大学

 

名桜大学―立命館大学 健康運動指導合同合宿

 今回の合宿は、健康運動指導士を目指す学生同士の勉強と交流を図る目的で実施しました。私の大学の先輩で現在、立命館大学スポーツ健康学部教授の真田先生との話の中でねとワークを広げたい、という話題から発展して今回の合宿開催となりました。参加人数は多くないですが、今後も健康運動指導士を学ぶ学生の貴重な交流の場としていきたいと思います。
スポーツ健康学科 准教授 山本 薫
 
 平成28年3月2日(水)、3日(木)に、立命館大学3人の学生と合同合宿を行い、名桜大学からは、スポーツ健康学科3年次4人が参加しました。名桜大学の講義室で勉強会や、またメディカルフィットネスぎんばるで後期高齢者を対象に体力測定を行いました。勉強会では、立命館大学の真田樹義教授と名桜大学の山本薫准教授の専門紹介や質疑応答を交えながらの充実した勉強会となりました。体力測定では後期高齢者との会話や実際の測定方法など、準備不足でうまくいかない部分もありましたが、立命館大学の学生との協力でスムーズに進めることができました。食事会や沖縄県内観光を通して、立命館大学の学生との交流もあり、また、立命館大学の学生も沖縄の文化に触れることができ、両大学の学生共々、新鮮で充実した合宿になりました。また、他大学の学生との合同合宿の機会があれば是非参加したいです。
  後藤 大貴(スポーツ健康学科3年次、宮崎県私立日向学院高校出身)

 

充実した勉強会 合同合宿メンバー