公立大学法人名桜大学

 

「平成27年度県内・県外病院合同説明会」開催される

 「平成27年度県内・県外病院合同説明会」は、人間健康学部看護学科と国際学群診療情報管理専攻の協賛で開催され、今回で5回目の開催です。平成28年3月3日(木)に行われ、午前中は県内施設22施設、午後県外施設21施設の参加がありました。キャリア支援課調べでは、午前午後合わせて、来場者数118人もの参加があり、1日を通して、看護学科88人、診療情報管理専攻30人と会場はリクルートスーツに包まれた学生の熱気に包まれていました。
 今回の「病院合同説明会」の特徴としては、病院での看護・診療情報各専門職に応じた説明がなされ両専門職を目指す学生においても充実した催しとなりました。参加学生の感想では、「医療系学生対象、診療情報管理士対象の説明会が名桜で行われるなんて本当光栄です」、「診療情報管理士の業務内容について聞けたので、良かった」との意見や「いろいろな病院の特徴を知れて良かった。知らなかった病院を知ることができた」「良い病院がたくさんあるんだと気づけました」など病院合同説明会を開催したことで選択肢が広がり具体的なイメージを得ることができたようでした。説明会の運営方法としては施設への訪問学生数に偏りがあり、どのように学生へのアピールを平坦化できるか課題は残りましたが今後就職活動の幅をひろげるためにも今後も継続していく必要性を感じました。
総評:平成27年度4年次担当教員代表       
下地 紀靖(人間健康学部 看護学科 准教授)
興味関心のある施設へ足を運ぶ参加者

本学卒業生が参加し
後輩へ施設説明を行う姿も見られました