公立大学法人名桜大学

 

旧沖縄県立農林学校同窓会奨学生に伊藤さんと三宅さんが採用されました

 旧沖縄県立農林学校同窓会奨学金贈呈式が、平成28年2月10日(木)に学長室で執り行われました。この奨学金は、旧沖縄県立農林学校同窓会による寄付金をもとに、中南米の国際交流協定校に留学する学生へ給付されるもので、今回、国際学群2年次の伊藤瑞華さん(静岡県立吉原高校出身)と三宅咲乃さん(広島県立三原高校出身)が第2期生として採用されました。
 贈呈式では、山里勝己学長から本奨学金について説明がなされた後、奨学金給付証書が手渡されました。
 ブラジル・ロンドリーナ州立総合大学へ留学する伊藤さんは、「今回の留学は、将来の夢探しでもあります。まずは、自分の考えをポルトガル語で伝えることができるようになること、そして、現地の方々と積極的に関わっていきたいと思います。奨学金をいただいたからには、感謝の気持ちを胸にしっかりと勉学に励みたい」と意気込みました。
 それから、アルゼンチン・産業社会科学大学へ留学する三宅さんは、「将来、スペイン語圏で日本語教師になりたいと考えています。アルゼンチンでは、日常会話レベルのスペイン語を身に付けると共に、日本語教育の実態を学びたい。奨学金をいただいたことで余裕ができましたので、語学学校にも通い学びの幅を広げていきます」と感謝の気持ちを表しました。
 
 
奨学金給付証書を手に笑顔を見せる三宅さんと伊藤さん
(前列左から三宅さん、山里学長、伊藤さん、
後列左から伊佐正学国際交流課係員、上原なつき准教授、住江淳司教授)