公立大学法人名桜大学

 

サークル紹介:日本台湾学生会議 沖縄支部

日本台湾学生会議 沖縄支部

代表者 郭育志(交換留学生、台湾・大仁科技大学在籍)
副代表 井上 雄一(国際学群1年次、静岡県・オイスカ高校出身)
    馬場 みなみ(国際学群1年次、佐賀県立致遠館高校出身)
顧 問 上江洲 基(国際学群 国際文化教育研究学系 上級准教授)

 

 

  ハイサイ!我々は、2015年10月に設立された、できたてほやほやの日本台湾学生会議 沖縄支部です。

 日本台湾学生会議とは政治的立場や職業的立場にとらわれない日本・台湾双方の学生が人的交流を通してお互いのことを理解することで、今後の日台間の交流促進と友好関係に貢献することを目的とする学術団体なのです。

 毎年8月下旬から約1週間にわたって日本台湾学生会議が開催されており、運営は全て学生が主体となって進められ、学術的な交流を基軸に文化交流など、様々な企画を通して、相手の国への理解やメンバー間の相互理解を図るのです。メイン活動となるのが分科会とよばれる討論会であり、台湾人、日本人両学生が班ごとに分かれ討論を行います。討論の成果は最終日に行われる成果発表として発表されます。

 もともとは2005年3月27日に東京にて第 1 回日本台湾学生会議定例会が行われ、次いで同年7月7日に台湾でのカウンターパート、台湾日本学生会議(現・台湾日本学生交流会)が設立されたのが始まりで、その後活動はさらに広がり、現在は日本サイドに4つの本部・支部(東京本部、関西・東北・沖縄支部)、台湾サイドに2つの本部・支部(台北本部、台南支部)まで成長しました。そして去年の10月に東京本部からの許可が下りて日本台湾学生会議 沖縄支部が誕生したわけであります。

 ちなみに、今年は、成功大学(台湾・台南)において、8月15日~23日の日程で分科会が開催される予定ですので、ぜひ皆さんの参加をお待ちしています。

 

 名桜生&台湾国立政治大学生in古宇利島