公立大学法人名桜大学

 

株式会社リウコム様からタブレット端末が寄贈されました!

平成27年11月30日(月)、株式会社リウコム石川眞一代表取締役社長より本学メディアネットワークセンターに、タブレット端末5台が寄贈されました。

石川代表取締役社長は、「今後、タブレット端末を活用した教育・研究活動支援の展開が見込まれます。この端末がそのきっかけになれば幸いです」と挨拶されました。

続いて、山里勝己学長から、「21世紀の教育・研究活動はペーパーでは間に合いません。本学の教育・研究活動の一つの転換の形として、学生に使っていただきたい」と謝辞が述べられました。

寄贈されたタブレットは、学生対象の貸出機器として、アクティブラーニング室に設置される予定です。

 

学生の声

タブレット端末を活用することで、研究の幅が広がります。情報系の学生だけでなく、全ての学生に手にしてもらうことで、皆さんの学習意欲の向上につながれば良いなと思います。

上間 健之祐(情報システムズ専攻3年次、沖縄県立浦添工業高校出身)

 

PDF化した文献を閲覧したり、また、オフィスのアプリが入っているのでレポート作成に活用したりと様々な使い方ができます。情報端末を活用した研究活動の一歩が踏み出せたと感じます。

飯尾旭さん(情報システムズ専攻4年次、愛知県立津島北高校出身)

 

左から比嘉良雄理事長、山里学長、石川代表取締役社長、学生代表の上間さん、飯尾さん、天願健メディアネットワークセンター長