公立大学法人名桜大学

 

平成27年度 就職活動支援プログラム 国際学群2年次キャリアアップセミナー2015開催

 

石川氏による講演の様子
計画シートの作成に取り組む受講生
様々な質問に答えたOB・OGゲスト
OB・OGゲストへのインタビュー

 国際学群2年次キャリアアップセミナー2015が、平成27年9月24日(木)(9:00~16:00)に開催され、2年次254人が参加しました。大学生活も2年次後学期を迎え、来年1月の専攻選択や卒業後の進路選択を意識したキャリア形成に向け、今後の大学生活をいかに過ごすべきかを考えるよい機会となるものでした。

 今回のキャリアアップセミナーも昨年度を踏襲し4部から構成され、第1部では、ベネッセコーポレーションの石川知佐子氏に「自己発見レポートから自己分析を考える」と題し、入学時から現在までの成長の把握、将来を見据えた学生生活の目標の再確認を促すお話をいただきました。第2部では、今後の大学生活の過ごし方を考えるキャリアデザインシートの作成と第3部に向けて先輩ゲストインタビュー計画シートの作成に取り組みました。第3部では、第2部で作成したインタビュー計画シートをもとに、OB・OGや内定学生等の先輩ゲストへのインタビューを行いました。第4部では、キャリアデザインシートを完成させ、グループ内での情報共有を行いました。

  今回の先輩ゲストインタビューでは、入社間もないOB・OGから社会人と大学生との違いや大学時代の学びが社会でどう活かされたか、また解禁時期が後ろ倒しになった就職活動を経験した4年次の状況を聞くことができました。今回のセミナーが残り2年半の目標を考えるきっかけとなれば幸いです。

 今回、講話をいただいた石川氏、後輩のために駆けつけてくれた卒業生や内定学生、佐久本功達国際学群長、宮城敏郎キャリア開発委員長、キャリア支援課職員、2年次担当の先生方に深く感謝申し上げます。

総評:2年次担当教員 仲尾次 洋子
(経営情報教育研究学系 上級准教授)

 


 

先輩・OB・OGの声

セミナー後の感想およびコメント

セッション終了後、個人的に質問する人もいて話しがいがありました。

思っていたより質問が多く、時間が短く感じました。

皆、熱心にメモを取ってくれたり、私が考えもしなかった質問があったりしたので、意識が高いと思いました。

様々なことに興味を持っているようで、バラエティに富んだ質問があり面白かったです。また、アドバイスを参考に自分を伸ばそうという姿勢が感じられました。

今の時期にやりたいことを見つけ、就職活動で良いスタートを切れるように頑張ってください。

社会人になった時に「大学生活が一番楽しかった!」と言えるような学生生活を送ってほしいです。そのためにも、もっと何かを楽しもうと自ら行動を起こしてください。

インターンシップや就職セミナー等は参加して無駄になりません。

学生が話しやすい環境作りを意識し工夫すればよかったと反省しています。

積極的に質問する学生と、そうでない学生の差がありました。全体的に就職への意識が高いと感じました。

このセミナーは、良い取り組みだと思いますので今後も続けてほしいです。とても楽しかったです。また、機会があれば参加したいです。

話が伝わりにくかったかな?と反省。もっと会話がしたかったです。

 


 

関口 琴乃さん
(岩手県立宮古商業高校出身)

 セミナーは、どの内容も参考になり、将来のことを考える良いきっかけになりました。

 第1部で受け取った「自己発見レポート」で、私自身の学生生活を振り返ることにより、専攻選択や卒業後の進路選択のイメージを作ることができました。また、先輩方から資格取得や就活等のお話を聞いて、しっかりと事前に準備する必要があると感じました。

 興味を持っていることや大学で学んでいることを、将来につなげることができればよいなと思うので、まずは興味のあることに挑戦していきたいです。