公立大学法人名桜大学

 

LLC・MSLC合同研修会報告

 

 平成27年9月26日(土)に、学生会館SAKURAUM4階アクティブラーニングスペースにて、初の言語学習センター(以下LLC)と数理学習センター(以下MSLC)合同研修会を開催しました。この合同研修会は、両センターで活動する学生チューターが、学生の学習面における支援を効果的かつ効率よく行うために必要な資質を育成・習得することを目的として、企画・開催されました。研修会終了後、木村堅一リベラルアーツ機構長の挨拶があり、「この研修会を発展させ、チューター育成科目の新設を検討したい」と、学生チューター育成プログラムに対する強い期待が表明されました。

 

合同研修会風景①

合同研修会風景②

 特に今回の研修会は、言語と数理という異なった分野の学生チューターが参加し、新鮮な発想法や対応法など、互いに刺激を受けながら関係構築ができるよう企画された研修会でもありました。結果、会場には32人(学生27人、教職員5人)の参加者が集い、学生同士が学び合う知の空間が創りあげられ、LLC・MSLC双方のチューターにとって、有意義な研修会となりました。

研修会終了後の集合写真