公立大学法人名桜大学

 

平成27年度後学期 18人の留学生を受け入れました

 平成27年9月28日(月)、後学期に受入れた留学生18人が、山里勝己学長および金城やす子副学長を表敬しました。留学生は、それぞれ日本語で自己紹介を行い、「日本に来ることができて嬉しいです」と喜びをあらわにしました。     

 山里学長は、「皆さんが名桜大学へ来てくれたことをとても嬉しく思います。ぜひ本学で様々な体験、経験、勉強をしながら成長してほしい。将来、日本・沖縄と皆さんの母国の架け橋になることを期待しています」と歓迎の言葉を送りました。続いて、金城副学長は「沖縄・名桜大学の良さを存分に満喫して帰っていただきたい。それと同時に、名桜大学で学んだことを持ち帰り、自分の大学で積み重ねてほしい」と期待しました。

                       

山里勝己学長(前列中央)、金城やす子副学長(前列右から4人目)
  高嶺司国際交流センター長(前列左から4人目)を囲んで

   留学生内訳(後学期)     

   国際交流協定大学

     明知大学(韓国)2人

     大仁科技大学(台湾)3人

     開南大学(台湾)2人

     中州科技大学(台湾)3人

     メーファルアン大学(タイ)2人

     サイアム大学(タイ)3人

   大学世界展開力強化事業

     デ・ラ・サル大学(フィリピン)1人

   本部町南米子弟研修生(ブラジル)2人