公立大学法人名桜大学

 

第8回教職合宿in伊江島

 

 2015年9月22日(火)~23日(水)の1泊2日の日程で、「第8回教職合宿in伊江島」を実施しました。今年度で8回目となる本合宿は、伊江島の歴史と文化に触れ、教職履修生相互の触れ合いを通して、教職の仲間意識を高めることを目的としており、国際学群・人間健康学部合わせて26名の学生と引率者3名の合計29名が参加しました。
 伊江島到着後は、レンタル自転車で島内を巡り、湧水(ワジー)や城山(伊江島タッチュー)登山をしました。伊江島の大自然と絶景を満喫した後は、伊江ビーチにてレクリエーションを楽しみました。

 全日程を終えた教職履修生には笑顔があふれ、仲間意識を高める充実した合宿となりました。

玉城由美子(教員養成支援センター係員)

 

参加学生からの一言

 

伊江島合宿を終えて

 伊江島合宿を終えた私の一番の感想は、最高に楽しかったということです。具体的には、いい意味での田舎という独特な雰囲気、地元の方々の温かい人柄、絶景の様々など、言い始めたらきりがありません。僕自身、修学旅行を思い出すようで、中高校生の頃に戻れた気がします。わずか1泊2日という短い期間の中でしたが、言葉に表せられない大切なものをこの合宿で獲得できたと思います。また行く機会があれば、ぜひ行きたいと思います。ありがとうございました。

国際学群国際学類 1年次 茅野 裕也 大分県立大分鶴崎高校出身

 

伊江島合宿を終えて

 今回の伊江島合宿では、学年、学部、学科をこえた幅広い交流ができたように思います。参加者全員が、教職履修生であったため、互いの情報交換や同じ話題で会話することができたのは貴重なことでした。また、伊江島探検を通して、伊江島の自然や歴史を知れたこともよい経験となりました。1泊2日の短い合宿ではありましたが、人の輪が広がり、新たなことを知ることのできた有意義な時間になりました。今後の教職の活動も積極的に参加して、多くの経験を積んでいきたいと考えます。

スポーツ健康学科 1年次 枇杷 みのり 宮崎県立宮崎大宮高校出身