公立大学法人名桜大学

 

「七夕まつり~笹に願いを~」に参加

 平成27年7月4日(土)に開催された、沖縄県立名護青少年の家ボランティア協力事業「七夕まつり~笹に願いを~」に、本学在学生の島袋弘光さん(経営専攻4年次、沖縄県立読谷高校出身)、古賀久恵さん(スポーツ健康学科4年次、鹿児島県立鹿児島南高校出身)、三浦梢さん(スポーツ健康学科2年次、宮崎県立日向高校出身)がボランティア学生として参加しました。
 イベントでは、名護市内の保育園から参加した子どもたちに対し、島袋さん、古賀さん、三浦さんがひらがなを教え、子どもたちと共に短冊を拵え竹に飾りました。続いて、スイカ割りが行われ、3人は大はしゃぎする子どもたちの姿を嬉しそうに見守りました。
 参加した三浦さんは「今度は、親子キャンプや野外炊飯などのボランティアに参加したいです」と意気込みました。
 名護青少年の家職員・與儀滝太さん(名桜大学平成25年度卒業生)は、「今回のボランティア協力事業は、学生が主体となって事業準備、事業運営を行いました。昨年度から継続して取り組んでいる学生の成長を伺うことができ、職員一同とても心強く思っています」と後輩学生の成長を喜びました。
 


 

短冊作りに挑戦。みんなの願いごとは何だろう? 短冊を飾り付けた笹の前で