公立大学法人名桜大学

 

オープンキャンパスを開催しました!

平成27年度 第1回オープンキャンパス開催
 

 平成27年6月13日(土)、夏空が広がる中、第1回オープンキャンパスが開催されました。ウェルナビをはじめ多くの在学生が教職員と共に、684人の受験生と保護者の方々を迎え名桜大学の魅力を紹介しました。
 今回のオープンキャンパスでは、学科紹介・模擬授業・技術体験・部活動体験などのプログラムや在学生と回るキャンパスツアー、入試や海外留学などの相談コーナーが設けられました。
 参加者は関心のあるプログラムに足を運び、大学ならではの学びに触れたり在学生の生の声を聞いたりして、名桜大学の教育・研究内容について理解を深めました。

 


 

当日の様子やプログラムを写真で紹介します。
 

名桜大学到着。ウェルナビと在学生、吹奏楽部の美しい演奏が参加者をお出迎え
 
まずは受け付け。大学案内パンフレットが配られます
 

今年のオリジナルグッズは、キャンバストートバッグと4色ボールペン・シャープペン


 

学科別プログラム
 

〔国際学群プログラム〕
 佐久本功達国際学群長より6つの専攻(国際文化専攻・語学教育専攻・経営専攻・情報システムズ専攻・診療情報管理専攻・観光産業専攻)が紹介された後、専攻ごとに教職員から教育課程の説明がありました。大学の学びが体験できるプログラムや在学生によるQ&Aコーナーが設けられました。

〔語学教育専攻〕
留学に対する質問や異文化体験について答える在学生

 
〔情報システムズ専攻〕
実際にPCを使って演習を行いました
 
〔診療情報管理専攻〕
在学生によるクイズ形式の企画で、診療情報管理について
理解を深めました

〔観光産業専攻〕
観光の本場沖縄で観光を学ぶことについて解説

 



 

〔人間健康学部スポーツ健康学科〕
 模擬授業「ドーピングを哲学する」を開講。トレーニング機器、エクササイズダンス、部活動体験などの体験コーナーは自由に参加OK。教職員や在学生による個別相談コーナー等が設けられ、熱心に聞き入る参加者の姿が見られました。

〔学科紹介〕
在学生がスポーツ健康学科で学ぶことや学生生活を
具体的に紹介
〔模擬授業〕
大峰光博先生による「ドーピングを哲学する」の様子

 
〔JOYBEAT体験〕
音楽と映像に合わせてエクササイズ
〔部活動体験〕
今回は、水泳競技部、ハンドボール部、バスケットボール部




 

〔人間健康学部看護学科〕
 
ミニ講義「『命に向き合うために必要なこと』―クリティカルケアの実践―」を開講。午後のプログラムは、看護技術体験コーナー、医療機器などの展示コーナー、授業紹介コーナー、入試・進路相談コーナーなど、盛りだくさんの内容を提供。看護技術体験コーナーでは参加者が長蛇の列をなす光景が見られました。

〔ミニ講義〕
下地紀靖先生による 「『命に向き合うために必要なこと』
―クリティカルケアの実践―」
〔授業紹介コーナー〕
教科書やノート、ポスターを用いて授業の成果を紹介

 
〔看護技術体験コーナー〕  バイタルサイン測定技術(左)と赤ちゃん抱っこ(右)

 


 

   次回のオープンキャンパスは,8月8日(土)に開催を予定しています。今回、都合が合わず参加できなかった受験生の皆さま、ぜひご参加ください!

 


皆さまのご参加をお待ちしています