公立大学法人名桜大学

 

H27年度前学期学習支援ボランティア交流集会を開催しました!

                    

平成27年度前学期学習支援ボランティア交流集会を開催しました!

                                                                                                    

 


開会の挨拶をする嘉納英明教員養成支援センター長

 平成27年5月1日(金)、17:30~19:00に、本学学生会館SAKURAUM3階大講義室Bにて、「平成27年度前学期学習支援ボランティア交流集会」を開催しました。この交流集会は、①学習支援ボランティアの実践活動の報告を通して、活動方法や内容について理解を得る、②学生と学校関係者及びボランティアコーディネーターとの交流、学校配置に関する調整の機会とすることを目的に毎年開催しています。今回は、名護市内外の学習支援ボランティア活動を支援する学生団体ぴゅあサポートを中心に企画、運営を行いました。

 はじめに、嘉納英明教員養成支援センター長から開会の挨拶を行い、続いて、ぴゅあサポート代表学生から、学習支援ボランティアの進め方や心構えについて事例を交えた解説がありました。その後は、各学校関係者やボランティアコーディネーターの紹介と学校配置について調整等が行われました。

本交流会での出会いを通して、多くの学生が、北部の地域や学校において、学習支援ボランティア活動で活躍することを期待しています。

 また、本交流会にご参加いただいた学校関係者やボランティアコーディネーターの皆様、ご協力ありがとうございました。

                                                                                                                            
報告:上江洲 若菜(教員養成支援センター係員)


【企画運営を行った学生の声】


司会進行をするぴゅあサポート代表学生の石井恒之介さん

 交流集会では、学習支援ボランティアの経験がある学生からの事例発表を行い、小・中学校関係者の方々によるボランティア募集のPRの時間を設けました。パワーポイントやポスター、チラシ等を準備してくださった方や、中学生自身がボランティアの募集をするなど、工夫を凝らしたPRをしてくださいました。その後、学生と学校関係者やコーディネーターの方との交流を行い、学生が積極的に話を聞きに行く姿を見ることができました。今回も名護市内外から多くの小・中学校関係者にお越しいただき、大変活気のある良い交流集会となりました。ありがとうございました。

 

 

「名護市学習支援教室ぴゅあ」教室長
     石井 恒之介(人間健康学部スポーツ健康学科3年次、茨城県立土浦第三高校出身)