公立大学法人名桜大学

 

海外インターンシップ先へ卒業生が就職

海外インターンシップ先へ卒業生が就職
グランドブルーウェーブホテル・シャーラム(マレーシア)

 

 国際学群の海外インターンシップ・プログラムは2001年に開始されました。当初はグランドブルーウェーブホテル・シャーラム(マレーシア)の1企業だけでしたが、現在は、台湾(沖縄ツーリスト台北事務所、ホテルロイヤルニッコウタイペイ)、韓国(ハナツアー・済州、ホテルインターブルゴ・大邱)の5企業へ各1~3人の学生を毎年派遣しています。学生を受け入れていただいている企業、また、事前研修として派遣学生の受け入れをしていただいている前田産業ホテルズ、沖縄ツーリスト名護支店及びオキナワマリオットリゾート&スパにも心からの感謝を申し上げます。
 今回、本学の海外インターンシップ・プログラム修了学生からグランドブルーウェーブホテル・シャーラム(以下、GBWHと略)へ就職する学生を出すことができました。これまでの何人かの学生が、海外インターンシップ先企業への就職を考えてきましたが採用までは至りませんでした。学生にとっては初めての就職、それが海外とのことになると、いろいろな不安や葛藤等があり、当該保護者についても同様だったと思います。高いハードルだったと思いますが、今回これらを飛び越え、GBWHへ就職を希望し採用(5月初旬赴任)が決定された学生が出ました。これまでの取り組みが成果として結実したことに喜びを感じています。
 GBWHは、2001年の本プログラム開始当初から毎年学生を受け入れていただいています。毎年、3人程度の学生を派遣してきているので、これまで、40人余りの学生を受け入れていただいたことになります。毎年、丁寧な対応、丁寧な学生指導、宿泊や研修生の地域での観光手配等いろいろな配慮をしていただいています。GBWHの岡崎文雄GMをはじめ、Gust Experience ManagerのC.K.Lamさん、これまでのインターンシップ担当していただいた方々、現地法人のスタッフの方々に心からの感謝を申し上げます。
 今回、同企業への就職に踏み切った岡野亜美さんの勇気と気概に敬服し感謝を申し上げます。岡野さんの飛躍の一歩になることを期待します。また、本学にとっても飛躍の一歩になることを期待します。岡野さんには、新たな環境で、何事にも積極的に取り組み、いろいろなことを吸収し、GBWHへ十分に貢献し、真に社会から求められる人材になることを期待します。今年も海外インターンシップで、上記企業へ学生を派遣します。岡野さんには、先発、前例として、後輩の目標になることも期待しています。

総評:新垣 裕治(国際学群 観光産業教育研究学系 教授、海外インターンシップWG)

 

 OTS台北事務所への海外インターンシップに参加したことがきっかけで海外での仕事に興味を持ちました。ホテルの業務内容、英語やマレー語等の言語やムスリムの文化を学ぶために個人的にGBWHへ行き、業務体験もさせていただきました。新垣先生や大谷先生の多大なご協力のもと、マレーシアのGBWHに就職させていただくこととなりました。
素晴らしい環境とチャンスを与えてくださった先生方や岡崎GMをはじめとするGBWHの方々、事前研修をさせていただいたOTS名護支店の方々にも感謝を申し上げます。

岡野 亜美(平成26年度 国際学群 観光産業専攻 卒業)


  
海外インターンシップOTS台北事務所にて。岡野さん(右)と山城萌子さん(左)  月にお礼で訪問したグランドブルーウェーブホテル・シャーラムにて
                                  左から岡崎GM、大谷先生、ラムさん